北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物
低温

タグ

(111)
(69)
(41)
(40)
(35)
(30)
(24)
(21)
(19)
(16)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

アメダスで補足されない局地的な対流性降雨

16日午後、大館市内で非常に強い雨が降りました。
バケツの水をひっくり返したような雨で、傾斜のある路面は降った雨が川のように流れていました。私は車を運転していましたが、ワイパーを全速にしても、前がよく見えず減速を余儀なくされました。

ところが、近隣のアメダス(4~5km離れている)では0.5m/hしか記録されておらず、またその値を基にレーダエコー強度を補正しているレーダーアメダス解析雨量でも、実感に伴うような強いものは出ていませんでした。

このような局地的な強い雨は、アメダスの観測網で捕らえきれないことがあります。
TVの気象情報で、「アメダスによると、現在○○地方では所々で弱い雨が降っています。」と話しても、アメダス観測点以外で思いっきり強い雨が降っていることがあるので、注意が必要です。 

アメダス観測点のない地域をカバーするために気象レーダ(マイクロ波Cバンド)があるのですが、山影などではビーム充満率が低くなるので、常日頃からエコーが弱めに出てしまいますし、降雨の種類やその他の理由で、アメダスでうまく補正できないこともあるようです。
[PR]
by yt-otenki | 2006-07-16 23:58 | 自然