北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物
低温

タグ

(111)
(69)
(41)
(40)
(35)
(30)
(24)
(21)
(19)
(16)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

いよいよ日食が近づいてきました

5月21日朝は日食が見られます。
大館市では、最大食分が8割以上のものは64年ぶりです。
こんな機会は滅多にありません。ぜひ観察しましょう。

もちろん、太陽をじかに見てはいけません。最悪失明に至る恐れもあるので、専用の日食グラスを使うか、ピンホールを利用して見るとかすることが大事です。

肝心の天気ですが、気象庁GSMの計算初期値5月19日15時(JST)による全雲量予想図や降水予想図(5月21日7時(JST)向け)によると、東北北部(40°以北)はOKです。 ただし、関東から東海は雲量が多く、沿岸では降水が予想されているところもありで、微妙な感じです。 

関東の予想は、昨日の予想より悪化していますが、まだあきらめてはいけません。明日の予報はまた変わるかもしれません。

と、いっておきながら、上京を計画していた私は、天気+その他複数の理由で、地元に残ることになりました。


NASAのsolar eclipse explorer で計算したところ、大館郷土博物館の位置での日食時間は下記のとおりです。

食の始まり:6時27分31秒ごろ (太陽高度23度)
食の最大 :7時43分53秒ごろ(太陽高度37度)
最大食分 :0.886(面積比では約83%)
食の終わり:9時12分01秒ごろ(太陽高度54度)

ちなみに、8割以上がかける日食の次回は、2030年6月1日(最大食分0.897)です。

参考までに、大館で見られた前回の皆既日食は1742年6月3日、金環日食は1252年3月12日。
次回見られる皆既日食は、2361年3月8日、金環日食は2231年3月5日です。

相当レアな現象であることがわかります。

21日朝の日食時、生物が戸惑って、何らかの変化が現れたりするでしょうか?観察してみると面白いと思います。鶏が鳴くかどうか、開いた花が閉じるかどうか、など。
[PR]
by yt-otenki | 2012-05-19 23:35 | 天文