北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(40)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 05月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

タグ:防災 ( 40 ) タグの人気記事

7/8に発生した大館市のダウンバースト

こどもの寝かしつけの時に、親も寝かしつけられ朝まで・・・といった日々が多く、このBLOGは半月も放たらかし状態でしたが、前回アップした件について、その後、秋田地方気象台から最終報告が出ていますのでご紹介します。


突風の種類 :ダウンバーストの可能性が高い。
突風の強さ  :F0
発生日     :7/8
発生場所 :秋田県大館市釈迦内長面地区


詳しくはこちら秋田地方気象台・気象庁機動調査班による調査報告をご覧ください。
[PR]
by yt-otenki | 2010-07-25 23:59 | シビアな現象

7月8日大館市で突風発生

地元紙などで報道されているように、7月8日大館市で突風被害がありました。翌9日夜に秋田地方気象台がリリースした調査報告第1報をご紹介します。 こちらです。(PDF13KB)


今日明日は、時間的余裕がないので、とりあえずこの辺で。
[PR]
by yt-otenki | 2010-07-10 23:59 | シビアな現象

雷雨 積乱雲から黒い筋

先日ラジオにノイズが入り始めたので、少しして空に目をやったところ、電光と雷鳴がありました。
d0021097_23211558.jpg



積乱雲の底から地表に向かって黒い筋が見えます。狭い幅で、雨が勢いよく降っているようです。このような場合、付近でひんやりとした突風が吹いている場合もあります。


この日は、上空に寒気(500hPaでマイナス20℃以下)が入って大気の状態が不安定になっていました。それに、日中の日射が加わり、さらに大気の状態が不安定になり、山沿いで雷雲が発生しました。大館地方には、八甲田~十和田湖そして青森秋田県境付近の山岳部で発生した雷雲が、上空の北東の風に乗って南下してきました。気象庁が5月の末から始めた竜巻発生ナウキャストでは、大館の竜巻発生確度は1でした。もう一段階上がると竜巻発生注意情報が出る状況でした。 

5~6月、大館地方の果樹などがひょう害に見舞われることがありますが、よくあるパターンは上空に寒気があり、上空の風向が西北西~北西の場合に、青森秋田県境や田代岳付近で発生した雷雲が大館盆地に流れて、ひょうを降らせる場合です。

今回とは風向が全く違います。雷雲もいろいろな方向から流れてくるので、「西の空が暗ければ・・・」などといった固定観念は持たないほうがよいです。

私の場所では土砂降りとなりましたが、近隣のアメダスでは降水量ゼロでした。夏場の積乱雲によるにわか雨は、非常に狭い範囲で降る場合があるので、同じ市内でも天気が全然違うということがよくあります。

さらに降雹や突風の範囲はもっと狭いです。降雹被害や突風被害が発生しても、市街地から離れたところの場合は、地域の人だけが知っていて、世の中では知られていないといった場合も少なくありません。
[PR]
by yt-otenki | 2010-06-07 23:59 | シビアな現象

融雪出水に注意

20日夜から21日午前にかけての昇温と大雨により、河川へ大量の雪解け水などが流れ込み、河川は濁流と化し増水が見込まれます。

東北地方の上空(下層)には、亜熱帯並みの暖気(1500mの高度で10℃~15℃)が入る予想となっているため、山岳でかなりの雪解けがありそうです。午後からは一転、寒気の流入が強まり、1500m上空では、夜は朝に比べて20℃も低下する見込みです。

風も強まり、激しい天気になりそうです。

※20日深夜、南風が強まってきて日本海側では20℃を超え、25℃付近まで上昇している地点もあります。秋田県内でも20℃を超えているところがあります。深夜としては7~8月並みの気温です。
[PR]
by yt-otenki | 2010-03-20 23:59 | お天気

盆地の気温予想の難しさ-2日連続予想気温10度程度はずれる

秋田県の大館盆地では、7日、8日と2日連続マイナス10度以下まで下がりました。

各天気予報会社が予想した最低気温の予想値(新聞掲載値))と比較すると9度~11度もはずれていました。

7日の大館最低気温(アメダス観測値)          -14.7℃
7日の秋田魁新報掲載の当日の大館予想最低気温      -5℃
7日の北鹿新聞掲載の当日の大館予想最低気温       -6℃
7日の大館新報掲載の当日の大館予想最低気温      -4℃


8日は各紙が休刊で、7日夕方に各会社がどのような予想をしていたのかわからないので、7日の紙面掲載の8日の予想値と比較してみます。すると9度はずれていることがわかります。

8日の大館最低気温(アメダス観測値)      -12.1℃
7日の大館新報掲載の8日の大館予想最低気温     -3℃
秋田魁新報と北鹿新聞は、7日付の新聞に8日の大館の予想気温は掲載されておらず、おそらく秋田市のものであろう予想値が掲載されているので、比較はできません。 ちなみに最低気温は両者とも 0℃の予想となっていました。

沿岸部の気温予想では10度前後も予想をはずすことは非常に稀有なことと思いますが、内陸盆地では時々あります。

「冬型の気圧配置が崩れ上空の寒気が抜けかかる頃」、そして「気圧の谷が接近し上空に暖気が入ってくるころ」、海岸部や山間部では、コンピュータがはじいた通りに気温が推移することが多いと思いますが、夜間思わず晴れると、盆地ではガツンと気温が下がり、盆地底には冷たい空気が滞留。日中もしばらく上空の風が地表に降りてこず、大気が濁り、盆地を囲む山々が薄茶色に見えてきます。

思わず晴れてしまうことによる放射冷却による冷え込みは、予報者泣かせです。

と、いうことで、水道管等の凍結対策は、翌朝の最低気温の予想が低いときだけに行うのではなく、予想気温が低かろうが高かろうが、毎日やる習慣をつけるのが無難かと思います。

凍って破裂してしまってからでは遅いですから。
[PR]
by yt-otenki | 2010-02-08 23:59 | 高温・低温

夜の雪

連日、仕事で関連施設の除雪や軒先の氷落としに追われていますが、昨日は今季初の屋根の雪下ろし。時折吹雪に見舞われながら、高所で作業をしました。スコップに手や手袋が触れると、すぐにくっついてとれなくなるほど気温が低いので、比較的安全に作業ができました。(注:寒いと屋根の雪や氷が緩まないので、自分が落下する可能性が低いという意味)
 この建物は屋根の雪が増してくると雪の重みで、ドアが開きにくくなってくるそうです。


ところで、雪明かりで照らされる夜の風景って趣がありますね。いつか撮影してみたいと思います。
ちなみに、下の写真は空から雪が舞い降りてきているところ。

 
d0021097_0115985.jpg



ps. 大雪が続いていますが、近隣の北秋田市では、積雪が基準値を超過したため、市が雪害対策警戒部を立ち上げたそうです。新潟県では積雪が4mを超えたところが出てきました。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-16 23:59 |

寒波襲来。道を歩くと「キュツ、キュッ」と乾いた音が!

今日はこの冬一番寒い「お昼」でした。
大館では、14日正午の気温はアメダスで -5.6℃。 

歩くと、足元から「キュッ、キュッ」 と乾いた音が聞こえてきました。「鳴き砂」の音に似ています。



d0021097_23374240.jpg

画面中央は道路。 相変わらず前がよく見えません。これでも吹雪が収まってきたときに撮影した様子です。


d0021097_23371257.jpg

圧雪道路。氷路面やシャーベット路面などよりは、ずっと走りやすい。 歩くとキュツ、キュッ。


d0021097_2338692.jpg

新雪。さらさらして、乾いた砂糖の山のよう。スコップですくわなくても、ほうきで掃くような感じで雪寄せできます。 ところどころ、きらきらしているのは、雪の結晶からの反射。 結晶の表面が鏡となって照明の光を反射させています。


d0021097_23375520.jpg

おっ、ひとつだけ、よく反射している結晶が!


今回の寒波は、大館では出勤前と退勤前に車に積もった雪を10-15cmくらい払うだけで済んでいますが、大変なのは、新潟県上中越地方の山沿いです。

例えば、アメダス津南では、13日14:00~14日14:00の24時間で積雪深が106cm増加(175cm → 281cm)。 さすが北陸。恐ろしい降り方です。きっと息苦しくなるような圧迫感があったのではないかと思います。 アメダス観測点では津南が雪が多いということで有名ですが、新潟県で必ずしもここが一番多いというわけではありません。松代~松之山、入広瀬~守門など豪雪地帯は、ほかにもあります。新潟県道路情報システムによれば、新潟県内で、すでに6カ所が積雪3mを超えています。

14日は、レーダーエコーは、しばらく上中越の山沿いにべったり張り付いており、長時間強い雪が降りっぱなし。日降水量は50mm以上のところもあります。屋根にはこれまでに積もっている雪に、50mm以上の水分がずっしりと追加された状況になっているので、相当圧がかかっていると思われます。建物被害が心配です。

大館で、厳冬期に「雪」で日降水量50mm以上なんて私は聞いたことがありません。新潟の雪はすさまじい降り方としかいいようがありません。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-14 23:59 | お天気

暖気の跡

昨日は低気圧の通過に伴い、暖気が入り、夕方には雨も混じるなど、久しぶりにプラスの気温が長時間継続したため、帰路は、路面は見事にぐしゃぐしゃとなり、ハンドルがとられやすい悪路となりました。

そのため夜に除雪車が出動。おかげで、今朝の通勤時にはすっきりとした路面になっていました。下の写真参照。
d0021097_23261624.jpg


ところで、このようにプラスの気温が継続すると屋根からの落雪が進みます。午後からは軒下の除雪が大変でした。 また、雪の重みで植栽もぐにゃり、このとおり。
d0021097_233752.jpg


枝が横に広がるタイプの木は、より雪がのっかっている時間(日数)が長いので、暖気や雨により雪が重みを増してくると一大事。枝がボキッ、ボキッと折れて、悲惨な姿になることも。 狭い道路沿いの街路樹は道路中央まで枝が被さっていることがありますが、運転中突然ドサッっと枝混じりの雪や氷の塊がフロントガラスに落ちてくることもあり、運転者も歩行者も注意が必要です。
[PR]
by yt-otenki | 2009-12-27 23:59 |

台風18号に備える

台風18号接近中。
「備えあれば憂いなし」ということで、備えたいと思います。

備えがあればあるほどいいわけですが、なかなかそこまでできない事情もあるという方は、これだけでもしてみてはいかがでしょうか。

1. 家周りの飛びそうなもの、倒れそうなものを撤去する。
2. 懐中電灯を用意する(電池も)
3. 携帯の充電をしておく


また、悪天候のときは不用意に山間の峠道などを通ったりしたくはないものです。土砂崩れ、落石、倒木などに巻き込まれる可能性があります。

必ず最新の台風情報を確認したいものです。
[PR]
by yt-otenki | 2009-10-07 23:59 | 防災

台風18号は要注意!

日本気象庁によれば、台風18号は10月8日から9日にかけて日本列島を通過する見込みです。日本列島のどこかに上陸する可能性が高いです。 JTWC(米軍合同台風警報センター)、韓国気象局、台湾気象局は、いずれも日本の気象庁より東側のコースを通る予想をしています。

北東北は8日は東風が長く続き(冷たい雨)、9日には北西~西の風に変わり時雨模様(寒い雨)となる見込みです。

台風の中心が当地の西側を通る時にあるような南寄りの生温かい風は今回は吹かない見込みです。

常に最新の情報をチェックするとともに、庭先にある鉢や三輪車など飛ばされそうなものは、早めに撤去しておいた方がよさそうです。隣の家の窓ガラスを割ってからでは遅いですね。

また、農産物なども収穫できるものは早めに収穫しておくのが無難かもしれません。

参考URL
[PR]
by yt-otenki | 2009-10-05 23:59 | お天気