北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

タグ:突風 ( 9 ) タグの人気記事

寒波が来ます!

7日の嵐が過ぎ去ったのもつかの間、次の嵐が明日11日にやってきます。先ほど秋田と山形の地方気象台は沿岸部に暴風警報を出しました。

問題はその後やってくる寒波。1週間ほど前から寒波が来るのはわかっていましたが、これほど強いとは・・・。どうやらこの寒波はこの時期としては強いものになりそうです。

平地でも積雪状態になるほか、内陸部ではまとまった雪になり大雪になる所もあるかもしれません。特に峠越えするかたは、冬タイヤへの交換は必須です! 夏タイヤでは絶対に運転しないでください! スリップしてぶつけられると周囲のドラバ―が迷惑します!

10日の夜遅くから雪に変わりはじめ13日にかけて降り積もりそうです。
(この間に寒波のピーク2回あり)

最新の気象情報をこまめに確認してみてください。
[PR]
by yt-otenki | 2013-11-09 21:44 |

7/8に発生した大館市のダウンバースト

こどもの寝かしつけの時に、親も寝かしつけられ朝まで・・・といった日々が多く、このBLOGは半月も放たらかし状態でしたが、前回アップした件について、その後、秋田地方気象台から最終報告が出ていますのでご紹介します。


突風の種類 :ダウンバーストの可能性が高い。
突風の強さ  :F0
発生日     :7/8
発生場所 :秋田県大館市釈迦内長面地区


詳しくはこちら秋田地方気象台・気象庁機動調査班による調査報告をご覧ください。
[PR]
by yt-otenki | 2010-07-25 23:59 | シビアな現象

7月8日大館市で突風発生

地元紙などで報道されているように、7月8日大館市で突風被害がありました。翌9日夜に秋田地方気象台がリリースした調査報告第1報をご紹介します。 こちらです。(PDF13KB)


今日明日は、時間的余裕がないので、とりあえずこの辺で。
[PR]
by yt-otenki | 2010-07-10 23:59 | シビアな現象

雷雨 積乱雲から黒い筋

先日ラジオにノイズが入り始めたので、少しして空に目をやったところ、電光と雷鳴がありました。
d0021097_23211558.jpg



積乱雲の底から地表に向かって黒い筋が見えます。狭い幅で、雨が勢いよく降っているようです。このような場合、付近でひんやりとした突風が吹いている場合もあります。


この日は、上空に寒気(500hPaでマイナス20℃以下)が入って大気の状態が不安定になっていました。それに、日中の日射が加わり、さらに大気の状態が不安定になり、山沿いで雷雲が発生しました。大館地方には、八甲田~十和田湖そして青森秋田県境付近の山岳部で発生した雷雲が、上空の北東の風に乗って南下してきました。気象庁が5月の末から始めた竜巻発生ナウキャストでは、大館の竜巻発生確度は1でした。もう一段階上がると竜巻発生注意情報が出る状況でした。 

5~6月、大館地方の果樹などがひょう害に見舞われることがありますが、よくあるパターンは上空に寒気があり、上空の風向が西北西~北西の場合に、青森秋田県境や田代岳付近で発生した雷雲が大館盆地に流れて、ひょうを降らせる場合です。

今回とは風向が全く違います。雷雲もいろいろな方向から流れてくるので、「西の空が暗ければ・・・」などといった固定観念は持たないほうがよいです。

私の場所では土砂降りとなりましたが、近隣のアメダスでは降水量ゼロでした。夏場の積乱雲によるにわか雨は、非常に狭い範囲で降る場合があるので、同じ市内でも天気が全然違うということがよくあります。

さらに降雹や突風の範囲はもっと狭いです。降雹被害や突風被害が発生しても、市街地から離れたところの場合は、地域の人だけが知っていて、世の中では知られていないといった場合も少なくありません。
[PR]
by yt-otenki | 2010-06-07 23:59 | シビアな現象

台風18号に備える

台風18号接近中。
「備えあれば憂いなし」ということで、備えたいと思います。

備えがあればあるほどいいわけですが、なかなかそこまでできない事情もあるという方は、これだけでもしてみてはいかがでしょうか。

1. 家周りの飛びそうなもの、倒れそうなものを撤去する。
2. 懐中電灯を用意する(電池も)
3. 携帯の充電をしておく


また、悪天候のときは不用意に山間の峠道などを通ったりしたくはないものです。土砂崩れ、落石、倒木などに巻き込まれる可能性があります。

必ず最新の台風情報を確認したいものです。
[PR]
by yt-otenki | 2009-10-07 23:59 | 防災

台風18号は要注意!

日本気象庁によれば、台風18号は10月8日から9日にかけて日本列島を通過する見込みです。日本列島のどこかに上陸する可能性が高いです。 JTWC(米軍合同台風警報センター)、韓国気象局、台湾気象局は、いずれも日本の気象庁より東側のコースを通る予想をしています。

北東北は8日は東風が長く続き(冷たい雨)、9日には北西~西の風に変わり時雨模様(寒い雨)となる見込みです。

台風の中心が当地の西側を通る時にあるような南寄りの生温かい風は今回は吹かない見込みです。

常に最新の情報をチェックするとともに、庭先にある鉢や三輪車など飛ばされそうなものは、早めに撤去しておいた方がよさそうです。隣の家の窓ガラスを割ってからでは遅いですね。

また、農産物なども収穫できるものは早めに収穫しておくのが無難かもしれません。

参考URL
[PR]
by yt-otenki | 2009-10-05 23:59 | お天気

青森・秋田で暴風被害! 2009.2.20-21

(備忘録)

2009.2.20夜~2.21朝
急速に発達した低気圧(2/20 18hからの9時間で18hPaも中心気圧が降下)の通過直後、気圧傾度が急になり、青森・秋田で暴風被害発生。4万戸以上の大規模停電も。


蟹田で最大瞬間風速40.8m/s , 最大風速24.2m/s (風速計の高さ7.9m)
このほか、多数の地点で観測史上最も大きい「最大風速」及び「最大瞬間風速」を記録

(大館の最大瞬間風速)
消防署比内分署で32.7m/s (2/21 2:00 am) ・・・①
アメダスで20.2m/s                   ・・・②
我が家で、24.6m/s (2/21 1:28 am) を 記録。
①②ともに2008年に観測点が移転になっているため、過年度と比較する場合は注意が必要。

東奥日報記事 2/21記事
東奥日報記事 2/22記事
陸奥新報記事
秋田魁新報記事
[PR]
by yt-otenki | 2009-02-22 23:59 | シビアな現象

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は家族が増えたこともあり、走りっぱなしの一年でした。
2009年も、アクセルを緩める暇がない年になること間違いない状況です。

よって、BLOGへのポストは年に10回あるかどうか程度になると思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

ところで、先日青森県気象問題連絡会(主催:弘前大学 会場:青森地方気象台)で、2008年8月28日大館市北部で発生した突風事例について速報的に発表してきました。まだ調査は進行中ですが、現時点で分かっていることについて、何らかの形で中間報告的にまとめたいと考えています。

また、今年は国内としては約半世紀ぶりに日本のトカラ列島などで皆既日食が見られます。1878年英国人女性のイザベラ・バード(Isabella Lucy Bird)は、”Unbeaten Tracks in Japan(訳:日本奥地紀行)“の中で、大館市白沢で皆既日食に遭遇したことに触れていますが、イザベラバードは本当に当地で皆既日食を見たのかどうか、その真偽について調べてみました。また大館で皆既日食がみられる頻度(西暦元年~2500年)についても調査しました。結果が得られましたので、某研究紀要に話題提供的に調査ノートとして掲載になる予定です。


ps.私は例年年末休みに入る12月29日から31日にかけて年賀状を書いているのですが、いったいいつ届いているんでしょうか。
[PR]
by yt-otenki | 2009-01-01 00:00 | misc

20080828突風及び降雹被害の状況(大館北部)

大館市北部で、20080828 16-17時ごろ、発達した積乱雲に伴うシビアな現象が発生しました。 参考までに写真をアップします。

雹害(雹の直径2-3cm)
d0021097_011357.jpg

d0021097_0113165.jpg

d0021097_0115375.jpg


突風害(倒木、ほか)
d0021097_0121373.jpg

↑この写真の範囲だけで、少なくとも3本はスギの幹が折れています。

d0021097_22302175.jpg

d0021097_22303766.jpg


胸高直径(DBH)が30~50cmのアカシア、サクラ、杉、クリの木が、根こそぎ倒れたり、幹がざっくり折れたりしています。

この集落でのトタン屋根の剥離被害は数軒あるようです。

私の記憶では、市内の降雹被害は、今年これで3回目です。
[PR]
by yt-otenki | 2008-09-01 23:59 | シビアな現象