北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

タグ:弘前 ( 14 ) タグの人気記事

ソフト5 Angelique 鶴田店のソフト

今日のソフトはAngelique 鶴田店のバニラソフト。

黒いバニラの粒が入っています。本格的です。

今年食べた中で一番おいしいです!

どうぞお試しください。

Angelique弘前店は高級感漂いますが、こちらは郊外店なので、店舗前の沿道にソフトクリームの模型が並んだりしてます。

d0021097_22354266.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2013-07-20 22:33 | 今日のソフトクリーム

最も信頼感のある弘前公園の桜開花予想

いよいよ、サクラの季節が近づいてきました。今年も開花日の独自予測はお休みしていますが、つぼみが膨らんで、ピンク色が見えてくると、うきうきしてきますね。

ところで、最近はあちらこちらから桜の開花予想が出されるようになりましたが、私がこれまで見た中で最も精度が高い開花予想をご紹介します。それは、弘前市商工観光部観光局公園緑地課発表による予想です。
http://blog.livedoor.jp/​hirosakipark/
毎日、開花予想が更新され、毎日最新の写真がアップされています​。
最も参考になるサイトだと思います。
ぜひ、お気に入りに登録してみてください。

大手の予想会社による予想は、上記に比べると???な場合が多いように感じられます。
[PR]
by yt-otenki | 2012-04-25 23:33 | 生物・季節現象

弘前大学楽しい科学 「体験!一日気象予報士」

2011.10.29記

今年も弘前大学大学祭の時に行われる理工学部主催の「楽しい科学」にお手伝いしてきました。今年のメインテーマはヤマセです。ドライアイスを使用して霧が青森県に迫る様子を作りだしてみました。後半は、お天気クイズや各種実験などをやりました。

その後、少しだけ他の研究室を回り、学生さんたちからいろいろと教えていただきました。

リモ―トセンシング、ナノの世界、渦の世界、燃焼機関、そして粉じん爆発の実験を見させていただきました。
理工学部を見るだけでも1日で足りないくらいですが、他の学部でもいろいろな催しをやっているので、全部回るには何年もかかりそうな気配。

子どもからお年寄りまで、みなさん、ぜひ足を運んでください。いろいろな発見があるはずです。

青森県内(弘前市外)のどこかの中学校は生徒をマイクロバスで連れてきていたようです。小中学生のうちから、大学というアカデミックな世界に触れることは、こどもたちの知的好奇心を刺激し、何かやりたいことを見つけるきっかけとなると思います。大館市内の小中高生にも、ぜひ足を運んでいただければと思います。毎年10月の下旬に行われます。


これは何の実験でしょうか?       
d0021097_0121780.jpg

正解は粉塵爆発の実験です! 部屋の照明を落として、目の前で実演してくれます。


これは霧吹きから水が噴出するときの拡大写真です。
d0021097_0132580.jpg


次のとおり、り手書きの解説がありました。学生さんが丁寧に説明してくれます。目から鱗です。
d0021097_0161035.jpg


d0021097_0175448.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-10-24 23:59 | お天気教室

北東北高校総体登山競技と雑感

8/20 作成  
8/21 改変

先日、岩木山のふもとで、北東北インターハイ(高校総合体育大会)登山競技部の競技役員(気象)としてお手伝いしてきました。予報士会へ派遣要請があり、そのうちの一人として参加しました。内容は、模範天気図の作成や審査基準の作成、採点、気象予報などです。

登山競技は、審査項目が多岐にわたり、気象知識や天気図作成も行われるのです。山に登るだけの体力勝負だけではないのです。

天気図作成はラジオの気象通報20分を聞いて、通報時間を含めて40分以内で天気図を仕上げ、さらには、解析と予報も文章で綴ることになっています。

現代の予報作成者は天気図を自分で書く機会がない(ぜーんぶコンピュータがやってくれる)ので、突然「書いてください」と天気図用紙を渡されても困惑する人が多いかと思います。でも一度身につけておくと安心です。大人になってからだと覚えるのが大変なので、小学校の頃に身につけておくといいかも。自転車と同じで、後は一生ものになります。私も小5の時に覚えました。

そこで、私は数年ほど前、天気図書きのすそ野を広げようと、小学生向けの天気図講座を開いたことがあります。参加者は少なかったものの、関心のある子どもは、どこかに必ずいるもので、随分と遠くから駆け付けてくれた子もいました。地方にいると、都市部とは違い、関心のある専門的なことに触れる機会が著しく少ないので、こういう機会はこれからも作っていけたらと思っています。

せっかく知的好奇心が旺盛な子どもたちがいても、それをうまく充たして先につなげていくことができていないのが地方の現状だと思います。 私がこどもの頃は、進んで勉強しようとすることを阻止する先生や公文に通っている子どもたちをやめさせようとする先生がいたりして、せっかく関心があって自ら進んでやろうとしている子どもたちの勢いを台無しにしてしまう先生たちが少なくありませんでした。皆同じことをしていれば確かにクラスの平均点は上がるかもしれませんが、これでは上位層は、中学、高校と上がるごとに、私立の中学や高校がたくさんある都市部との格差がどんどん開いていきます。

秋田の子どもたちは全国学力テストでトップクラスですが、平均点が高いという側面だけで我が県の教育は安泰だとしてしまうことには憂いを感じてしまいます。我が県の課題は、高校・大学に進学しても、全国と渡りあえるだけのレベルを持つ人材をいかに増やせるかという点にあると思います。そのような環境づくりは、小学生のうちから必要であると思います。

子どもは、好きなことはとことんやるのです。こどもたちの知的好奇心をくすぐり、とことん伸ばして上げられるような機会を提供していければなと思います。

ところで、この間は、市内の小学生が夏休みの自由研究(お天気)の相談で、先生と一緒に私のところにやってきました。児童は小5で、天気図の作成にも挑戦しているとのことでした。引率の先生は、知的好奇心の旺盛な子どもをさらに伸ばしてあげようとする素晴らしい先生でした。

さて、本題に戻りますが、自分の手で等圧線を引くという行為は、気象予報の原点のような気がします。たまには皆さんも天気図を作成してみてはいかがでしょうか?  某A社の社長さんも、天気図書きを社員に勧めているそうですよ!

注意: ラジオの地上天気図一枚で、十分な予報をすることには到底無理があります。天気図が書けるようになったとしても過剰な期待はしないでください。 実際の予報は、予報担当者が、地上から上空まで何十種類もの各種天気図、各種数値予報モデルのGPV、ガイダンス値を参照し、刻々と変わる雲画像、レーダ画像、各種実況値などとにらめっこしつつ、発表時刻寸前まで時間との闘いの中で、胃に穴があく思いでやっています。(ちょっと言い過ぎか。でも自分はそうだったか。)

d0021097_0281614.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-08-20 23:59 | お天気

尾流雲

高積雲からの降水粒子が、途中で蒸発。
過去に掲載した彩雲、光環と同じ日に出現した雲です。
d0021097_217472.jpg
d0021097_2172616.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-25 23:59 |

光環(光冠)

半月ほど前に見かけた2重の光環(光冠)です。

光は波の性質を持っているので、氷晶、水滴、花粉などの微粒子にぶつかるとその後方に回り込む回折がおこり、長波長の色ほど大きく回折して大きな環になるようです。(赤系色が外側に)

また、微粒子の大きさによって環の大きさも決まり、粒が小さい程大きく回折し大きな環になります。もちろん、微粒子の大きさが揃っていれば、より美しい輝きとなります。

今回のは正円ではなく、下に行くほど環の半径が大きくなっているように見え、いびつな感じ。

雲の下端は蒸発により雲粒が小さくなっていると推測され、そのため回折が大きくなり、光環の下部だけ環の半径も大きくなっているのかもしれません。

太陽の近くは眩しくて眼を痛めるので、サングラスは必須。偏光グラスがいいようです。
今度は、月のまわりにできる月光環(月光冠)を見てみたいですね。

d0021097_120440.jpg

d0021097_1202596.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-24 23:59 | 大気光象

彩雲現る 

1週間ほど前、弘前から帰る途中、ピンクや緑に染まる雲が見られました。これは、古くから吉兆とされてきた「彩雲」です!
太陽の近くに見える巻積雲や高積雲が色づくことが多く、光の回折、干渉によって起こります。 
(ちょっと色づく程度のものでしたら、太陽付近を通る積雲などの千切れ雲にも頻繁に出ています。)

古くは大和時代に、朝廷の大極殿の上方に現れた彩雲の吉兆にあやかろうと年号を「大宝」から「慶雲」に改めたという説話もあるそうです。


d0021097_022420.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-17 00:05 | 大気光象

大気光象をみる会

大気光象をみる会を立ち上げました。

大気光象とは、太陽や月の光が屈折や反射または回折及び干渉することにより見られる大気光学現象で、代表的なものに日暈、幻日、環水平アーク、虹などがあります。

日頃、私たちは空を見上げる機会が少ないため、これら空のキャンバスに描かれる光の芸術に、なかなか気づかないものです。

だれか最初に気付いた人が、ひとこと「見つけたよ!」と教えてくれたら、多くの人がこの芸術作品に巡り合うはず。

発見情報をお互いに報告しあいませんか?

大気光象を見つけたら、時間と場所、種類などを簡単にMLに投稿して、登録している多くの人に知らせてください。

そうすることで、多くの人が、大気光象という「ちょっといいこと」に巡り合え、幸せな1日になるかもしれません。

参加したいかたは、下記へメールを送ってください。参加対象の範囲は青森、秋田、岩手とします。 お気軽にどうぞ! 

join-halo_n-tohoku.aFtv@ml.freeml.com

d0021097_23473990.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-08 23:31 | 大気光象

弘前教会の桜

なかなか時間がとれず、しばらくアクセスもできずにおりました。
今季は所用が幾重にも重なり、私の桜の開花予測HPも定期更新できず、随時更新にせざるを得ない状況でした。

5/4時点での「開花予測(実況)」と「見ごろの目安カレンダー」は、私の開花予測HPへ掲載していますので、そちらのほうをご覧ください。

開花予測(開花日の実況)    
見ごろの目安カレンダー
トップページはこちら


ところで、4月30日に弘前公園に桜を見に行きました。
リーズナブルで混雑しない駐車場に一番乗りで車を入れました。(あそこは間違いなく穴場の駐車場!)

弘前公園の桜はいつも素晴らしいのですが、近くにある弘前教会の桜も見事であったので、写真に収めてきました。弘前公園は園内5部咲き、外濠7部咲きでしたが、教会の桜は既に満開でした。
大館の樹海ドームのサクラは4/30時点でまだつぼみ。毎年のことですが、弘前の市街は早いです。

d0021097_0214956.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-05-04 23:59 | 生物・季節現象

第4回開花予測 北東北

第4回開花予測(3/21計算)
ソメイヨシノの開花日を予測しました。

弘前市弘前公園
園内標準木(北の郭) 4/22
外濠 4/21
西濠東岸(桜のトンネル) 4/23-24

五所川原市
芦野公園 4/25-26

仙北市
角館檜木内川堤 4/24

大館市
地裁基準木 4/23
桂城公園園内 4/24
長木川堤防 4/25
樹海ドームパーク 4/26-27

鹿角市
桜山公園 4/27-28

八戸市
館鼻公園 4/20

詳しくは、こちらを参照してください。 なお、見ごろ時期の予測カレンダー等はリンク先のページにて4月に入ってから公開する予定です。
http://www.ne.jp/asahi/weather/yt/sakura/sakura.htm
[PR]
by yt-otenki | 2011-03-21 21:35 | 生物・季節現象