北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北東北高校総体登山競技と雑感

8/20 作成  
8/21 改変

先日、岩木山のふもとで、北東北インターハイ(高校総合体育大会)登山競技部の競技役員(気象)としてお手伝いしてきました。予報士会へ派遣要請があり、そのうちの一人として参加しました。内容は、模範天気図の作成や審査基準の作成、採点、気象予報などです。

登山競技は、審査項目が多岐にわたり、気象知識や天気図作成も行われるのです。山に登るだけの体力勝負だけではないのです。

天気図作成はラジオの気象通報20分を聞いて、通報時間を含めて40分以内で天気図を仕上げ、さらには、解析と予報も文章で綴ることになっています。

現代の予報作成者は天気図を自分で書く機会がない(ぜーんぶコンピュータがやってくれる)ので、突然「書いてください」と天気図用紙を渡されても困惑する人が多いかと思います。でも一度身につけておくと安心です。大人になってからだと覚えるのが大変なので、小学校の頃に身につけておくといいかも。自転車と同じで、後は一生ものになります。私も小5の時に覚えました。

そこで、私は数年ほど前、天気図書きのすそ野を広げようと、小学生向けの天気図講座を開いたことがあります。参加者は少なかったものの、関心のある子どもは、どこかに必ずいるもので、随分と遠くから駆け付けてくれた子もいました。地方にいると、都市部とは違い、関心のある専門的なことに触れる機会が著しく少ないので、こういう機会はこれからも作っていけたらと思っています。

せっかく知的好奇心が旺盛な子どもたちがいても、それをうまく充たして先につなげていくことができていないのが地方の現状だと思います。 私がこどもの頃は、進んで勉強しようとすることを阻止する先生や公文に通っている子どもたちをやめさせようとする先生がいたりして、せっかく関心があって自ら進んでやろうとしている子どもたちの勢いを台無しにしてしまう先生たちが少なくありませんでした。皆同じことをしていれば確かにクラスの平均点は上がるかもしれませんが、これでは上位層は、中学、高校と上がるごとに、私立の中学や高校がたくさんある都市部との格差がどんどん開いていきます。

秋田の子どもたちは全国学力テストでトップクラスですが、平均点が高いという側面だけで我が県の教育は安泰だとしてしまうことには憂いを感じてしまいます。我が県の課題は、高校・大学に進学しても、全国と渡りあえるだけのレベルを持つ人材をいかに増やせるかという点にあると思います。そのような環境づくりは、小学生のうちから必要であると思います。

子どもは、好きなことはとことんやるのです。こどもたちの知的好奇心をくすぐり、とことん伸ばして上げられるような機会を提供していければなと思います。

ところで、この間は、市内の小学生が夏休みの自由研究(お天気)の相談で、先生と一緒に私のところにやってきました。児童は小5で、天気図の作成にも挑戦しているとのことでした。引率の先生は、知的好奇心の旺盛な子どもをさらに伸ばしてあげようとする素晴らしい先生でした。

さて、本題に戻りますが、自分の手で等圧線を引くという行為は、気象予報の原点のような気がします。たまには皆さんも天気図を作成してみてはいかがでしょうか?  某A社の社長さんも、天気図書きを社員に勧めているそうですよ!

注意: ラジオの地上天気図一枚で、十分な予報をすることには到底無理があります。天気図が書けるようになったとしても過剰な期待はしないでください。 実際の予報は、予報担当者が、地上から上空まで何十種類もの各種天気図、各種数値予報モデルのGPV、ガイダンス値を参照し、刻々と変わる雲画像、レーダ画像、各種実況値などとにらめっこしつつ、発表時刻寸前まで時間との闘いの中で、胃に穴があく思いでやっています。(ちょっと言い過ぎか。でも自分はそうだったか。)

d0021097_0281614.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-08-20 23:59 | お天気

UFO雲出現

先日、円盤状のレンズ雲がたくさん出ていました。UFOのような形状をしていますがUFOではありません。
高積雲の一種です。
d0021097_22272822.jpg
d0021097_22174429.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-08-11 23:59 |

環天頂アークと幻日が出現

先日の夕方、環天頂アークが出現しました(写真上方)。今年見た中で一番はっきりと大きく出ました。
逆さの虹のように見えるものがそれです。ちなみに下の半円はおなじみの22°ハロです。太陽中心は林の陰に隠れています。
d0021097_23573877.jpg


幻日も出ました。写真右下のスポット状に明るく見えるところです。林の少し上です。
d0021097_23575417.jpg


環天頂アークも幻日も上空に浮かんでいる氷晶の中に、形状が六角板であるものが多いと発現しやすいです。
[PR]
by yt-otenki | 2011-08-10 23:59 | 大気光象

マルティプル ハロ ディスプレイ 幻日環、環水平アーク、22°ハロ

8/7の昼前に幻日環、環水平アーク、22°ハロの大気光象マルチディスプレイが大館で見られました。

リングが二つ見えていますが、太陽のまわりの環がおなじみの22°ハロ、その上方で天頂をぐるりととりまいているのが幻日環です。約2カ月ぶりに出現しました。今回は太陽高度が高かったため幻日環の半径は22°ハロと同程度です。6月の出現時は太陽高度が低かったため、天頂をぐるりと大きくとりまく壮大なものでした。

d0021097_1105078.jpg

私の目には120°幻日らしきものがなんとなく見えた気がしたのですが、明瞭ではない(写真ではわからない)ので不認定としておきます(笑)。


環水平アークは、22°ハロの下方に薄く出ています。あまり明瞭ではありません。
d0021097_111738.jpg


これらの大気光象は偏光グラスをかけるとよく見えます。必須アイテムですね!
[PR]
by yt-otenki | 2011-08-08 01:08 | 大気光象

積乱雲 局地的な雷雨

8/4夕方、大館市の某所で雹まじりの土砂降り(雷伴う)に見舞われました。よくある夕立ちです。

この雷雨は局所的であったため、近隣のアメダスでは降水は観測されていません。
気象衛星の雲画像では、可視画像及び赤外線画像両方にぽちっと小さな雲が当地周辺に写っています。

南の空に不気味な黒い雲。積乱雲です。本体の進行方向前方に低い雲が現れ、勢いよく北上してきました。
d0021097_23335360.jpg


上空から雨が勢いよく落ちてきています。
d0021097_23341394.jpg


雹まじりの土砂降りです。
d0021097_2334284.jpg


天気の境界。写真の下方は路面がしっかりと濡れてますが、上方は乾いています。
d0021097_23344142.jpg


アメダス18時の降水量(気象庁HPより)
d0021097_23481368.png


雲画像(可視)(気象庁HPより)
d0021097_011297.png


雲画像(赤外線視)(気象庁HPより)
d0021097_23504349.png


レーダーアメダス解析雨量17-18時 気象庁HPより
d0021097_23512398.png

[PR]
by yt-otenki | 2011-08-04 23:59 |