北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

尾流雲

高積雲からの降水粒子が、途中で蒸発。
過去に掲載した彩雲、光環と同じ日に出現した雲です。
d0021097_217472.jpg
d0021097_2172616.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-25 23:59 |

光環(光冠)

半月ほど前に見かけた2重の光環(光冠)です。

光は波の性質を持っているので、氷晶、水滴、花粉などの微粒子にぶつかるとその後方に回り込む回折がおこり、長波長の色ほど大きく回折して大きな環になるようです。(赤系色が外側に)

また、微粒子の大きさによって環の大きさも決まり、粒が小さい程大きく回折し大きな環になります。もちろん、微粒子の大きさが揃っていれば、より美しい輝きとなります。

今回のは正円ではなく、下に行くほど環の半径が大きくなっているように見え、いびつな感じ。

雲の下端は蒸発により雲粒が小さくなっていると推測され、そのため回折が大きくなり、光環の下部だけ環の半径も大きくなっているのかもしれません。

太陽の近くは眩しくて眼を痛めるので、サングラスは必須。偏光グラスがいいようです。
今度は、月のまわりにできる月光環(月光冠)を見てみたいですね。

d0021097_120440.jpg

d0021097_1202596.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-24 23:59 | 大気光象

「涼しい」を通りこして「寒い」!

(後日加筆予定)
今日は朝から東風が強く、気温が低下し、日中でも半袖では寒く感じました。夕方の外勤時や帰宅時はおもわず、車内の暖房にスイッチを入れてしまいました。
秋田市などは、フェーンにより大館、鹿角より10℃前後も気温が高くなったようです。
[PR]
by yt-otenki | 2011-07-20 23:55 | お天気

彩雲現る 

1週間ほど前、弘前から帰る途中、ピンクや緑に染まる雲が見られました。これは、古くから吉兆とされてきた「彩雲」です!
太陽の近くに見える巻積雲や高積雲が色づくことが多く、光の回折、干渉によって起こります。 
(ちょっと色づく程度のものでしたら、太陽付近を通る積雲などの千切れ雲にも頻繁に出ています。)

古くは大和時代に、朝廷の大極殿の上方に現れた彩雲の吉兆にあやかろうと年号を「大宝」から「慶雲」に改めたという説話もあるそうです。


d0021097_022420.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-17 00:05 | 大気光象

梅雨明けと盛夏期のはじまり (北東北)

7月11日、仙台管区気象台は、「東北地方は、梅雨明けしたと見られます」 と発表しました。(この発表は速報であり、9月に確定値が発表されるので修正になることがあります)

仙台管区気象台リリース資料
秋田地方気象台リリース資料

秋田地方気象台は、この中で、「東北北部の梅雨明けは、早い方から第3位の記録となります。」と解説しています。

平年の梅雨明けは7/28ですから、2011年は17日も早いことになります。

皆さんも気づかれているかもしれませんが、これに一つ補足したいと思います。
2011年の梅雨入りは6/21で平年より1週間遅かったですから、梅雨期間の日数は20日間(6/21-7/10)で、1951年の統計開始以降61年間で、1952年と並んで最も短い記録2位タイです。

梅雨期間が短いからと言って雨が少なかったかというと、そうでもなく、大館では、梅雨期間中293mmの降水が記録されています。 

今日は今年初の猛暑日。大館では35.2℃を記録しました。比較的乾燥していたので、数日前ほどの蒸し暑さは感じずにすみましたが外ではジリジリと日射がこたえたます。 

家電量販店の扇風機コーナーは見事に空っぽ。1台もなし。入荷の見込みも立たないそうです。

この週末、ホタルが出ていないか見に行ったところ、ゲンジボタル、そしてヘイケボタルも出ていました。いよいよ夏本番です。

注)梅雨は季節現象であり、梅雨入りと梅雨明けには平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。上記の梅雨期間の日数は、梅雨入りの遷移期間の中日から梅雨明けの遷移期間の中日の前日までとして計算してあります。

d0021097_22544973.jpg

↑ 灼熱の大館盆地

d0021097_2341019.jpg

山の向こうには、もくもくと・・・
[PR]
by yt-otenki | 2011-07-11 23:59 | 生物・季節現象

大気光象をみる会

大気光象をみる会を立ち上げました。

大気光象とは、太陽や月の光が屈折や反射または回折及び干渉することにより見られる大気光学現象で、代表的なものに日暈、幻日、環水平アーク、虹などがあります。

日頃、私たちは空を見上げる機会が少ないため、これら空のキャンバスに描かれる光の芸術に、なかなか気づかないものです。

だれか最初に気付いた人が、ひとこと「見つけたよ!」と教えてくれたら、多くの人がこの芸術作品に巡り合うはず。

発見情報をお互いに報告しあいませんか?

大気光象を見つけたら、時間と場所、種類などを簡単にMLに投稿して、登録している多くの人に知らせてください。

そうすることで、多くの人が、大気光象という「ちょっといいこと」に巡り合え、幸せな1日になるかもしれません。

参加したいかたは、下記へメールを送ってください。参加対象の範囲は青森、秋田、岩手とします。 お気軽にどうぞ! 

join-halo_n-tohoku.aFtv@ml.freeml.com

d0021097_23473990.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-07-08 23:31 | 大気光象