北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タラの芽 おいしいですね。 (放射性物質の含有は?)

2011.6.1記

半月ほど前、地元産のタラの芽を食べました。旬の味、美味しいです。
1年に1度、この時期だけのお楽しみです。
d0021097_0422182.jpg


今は山菜の季節、真っ只中ですが、山菜は放射性物質を吸いやすいらしく、福島から放出・飛散した放射性物質が地表に沈着した地域の山菜からは高濃度のセシウムが検出されているそうです。

国はすべての食物を対象にして放射性物質の含有量を検査したり、基準を設けたりしているわけではありません。 

即ち、「これは基準値を上回るから出荷しないでください」とか、「食べないでください」と国が言わないから、「これは食べても安全だ!」 と考えるのは、大間違いだということです。
山菜を食べるときは、その産地には十分注意したほうがよさそうです。
安全かどうかは誰も教えてはくれません。食べるべきか食べないべきかは自分で判断しなければなりません。

今より放射線量が高かった爆発直後の時期に、晩発性の病気については一切触れず、「直ちに健康に影響を及ぼすものではありません」などと急性の病気にだけ焦点をあてて、あたかも安全だという誤解を招くような発言を国等は連発していました。(チェルノブイリでの小児の甲状腺癌の場合、事故5年後位から発症しはじめ、10年後くらいに発症の数がピークを迎えたという話を聞いたことがあります。)

これまでの一連の経過を見てもわかるように、国や当事者の話をそのまま信用していては、自らの命や健康を守ることができないということには、多くの人が気づいていると思います。

内部被ばくを全く考慮せず、外部被ばくの積算だけで健康への影響うんぬんとTVで言う人がいたり、外部被ばく量にしても、私たちの生活空間の地表付近ではなく、役所の屋上など線量の低い高所で測定していたりと、原発関連の情報は、公的機関による発表でも、そのまま鵜呑みにはできないので、十分に注意して、解釈していかないといけないと思います。

気付いた時には手遅れになっては、取り返しがつきません。
若年層(乳幼児は特に)は、高齢者と同じ基準ではだめで、内部被ばくをしないよう特に注意して生活する必要があるかと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2011-05-31 23:59 | 地元ネタ

キジ 

5/9ごろから帰宅時にカエルの大合唱が聞こえるようになりました。田んぼに水が入ったんですね。
これで一気に季節が進んだ感じがします。とってもにぎやかです ♪

そして、キジがあちらこちらで鳴き叫び、私の仕事場でも駐車場などで一日に何回も遭遇するようになりました。オスとメスが対になって一緒に行動しているようです。

大館はほんとキジが多い所です。朝から晩までどこにいても鳴き声が響きわたっています。毎日何回もその姿を見かけます。 DID地区の人口密集地でも、ふつうにあちらこちらにいます。私の場合、カラスやスズメよりもキジのほうを多くみているかも。

昔よりも増えているような気がするのは私だけでしょか。
d0021097_04057.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-05-27 23:59 | 生物・季節現象

サンショウウオ 卵のうから飛び出す!

私の仕事場から徒歩1分圏内に水たまりがあって、そこに毎年サンショウウオが卵を産んでいます。
4月初めごろから時々観察に行っていましたが、先ごろ、ようやく卵のうから幼生が飛び出しているのをいくつかみつけました! (親も何匹かいましたが、捕獲して確認はしていないので種類はわかりません。)

d0021097_2345342.jpg


d0021097_23452346.jpg


d0021097_23454964.jpg


幅1m程度のちいさな水たまりですが、卵はもりもりもりっと、大量に産み付けられており、全て出てきたらものすごい数で混雑しそう・・・。 そんな心配杞憂にすぎませんが(笑)。 

びっくりしたことに、カワニナもいました。もしかしたらホタルもいるかな? 夏にも見てみます。
[PR]
by yt-otenki | 2011-05-26 23:59 | 生物・季節現象

弘前教会の桜

なかなか時間がとれず、しばらくアクセスもできずにおりました。
今季は所用が幾重にも重なり、私の桜の開花予測HPも定期更新できず、随時更新にせざるを得ない状況でした。

5/4時点での「開花予測(実況)」と「見ごろの目安カレンダー」は、私の開花予測HPへ掲載していますので、そちらのほうをご覧ください。

開花予測(開花日の実況)    
見ごろの目安カレンダー
トップページはこちら


ところで、4月30日に弘前公園に桜を見に行きました。
リーズナブルで混雑しない駐車場に一番乗りで車を入れました。(あそこは間違いなく穴場の駐車場!)

弘前公園の桜はいつも素晴らしいのですが、近くにある弘前教会の桜も見事であったので、写真に収めてきました。弘前公園は園内5部咲き、外濠7部咲きでしたが、教会の桜は既に満開でした。
大館の樹海ドームのサクラは4/30時点でまだつぼみ。毎年のことですが、弘前の市街は早いです。

d0021097_0214956.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-05-04 23:59 | 生物・季節現象