北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雑感#2 世界天文年2009 ―広大な宇宙に想いを馳せる―

雑感 #2
世界天文年2009 ―広大な宇宙に想いを馳せる―


「広大な宇宙に想いをはせたい!」 

2009年はこんな気持ちになった年だった。本当に久しぶりだ。 小中学生時に天体望遠鏡を覗いていたが、それ以来四半世紀ぶりかもしれない。 昨年、世界天文年2009(International Year of Astronomy 2009 (略称:IYA2009))に関する情報を入手していくうちに、沸々とそんな感情が高まっていった。

そう。2009年はガリレオ・ガリレイが天体望遠鏡観測を始めてから400年の節目の年なのだ。 世界140カ国あまりで、「宇宙…解き明かすのはあなた(THE UNIVERSE : YOURS TO DISCOVER)」というスローガンが掲げられ、世界中で夜空を見上げようと天文に関する企画が広く実施された。この年、日本では46年ぶりという皆既日食が起こり、「世界天文年」に「皆既日食ショー」という花が添えられ、国内でも大いに盛り上がった。 

ところで、私たちが何気なく見上げている夜空の星たちは、今時点、そこにあり、そのような姿をしているものではない。 実は、過去にその場所にあったのであり、私たちは過去の姿を見ているのだ。 いくら最新の機器を駆使したところで、遥かかなたの星から地球まで、情報(光)が届くためには、距離に応じた時間がかかる。例えば、北の空を見上げてみよう。緯度とほぼ同じ高さに北極星が浮かんでいる。これは私たちから430光年離れている星なので、今私たちが北極星としてみている光は430年前に北極星から出発した光ということになる。この世の中に光より高速なものは存在しないので、430年前より後(日本でいえば江戸時代以後)に北極星がどうなっているのかは誰にもわからない。私たちは永遠に「今時点」の星の位置や姿を見ることはできないわけだ。

私たちが目で物を見て、例えば「机の上で豆電球が光っている」と認識する行為は、豆電球から出ている光が、時間をかけて私たちの目に到達、入射し、その刺激が脳に伝わってはじめて達成されるものである。 「豆電球」と「目」との間には距離があるため、そこを情報が進むには必ず「時間」を要する。光は、瞬間移動できるような化け物ではなく、1秒間に30万キロメートル進むという決まった速度があるのだ。 日常生活のように、見ている物体と人間の目との距離が短ければ、光の進む速度を意識する必要はないが、夜空の星たちは遥かかなたにある。何百年、何百万年、何十億年もかけて、やっと地球上の私たちの目に到達する。遥かかなたの星の場合、私たちは地球が生まれるよりずっと前の太古の星の姿を今見ていることになる。

このように、広大な宇宙に想いを馳せていると、ただの思いつきであるが、タイムマシン?が作れそうな気がしてくる。過去を見る装置を作りたいのであれば、その物体から目に進んでくる光の経路を何らかの装置で思いっきり長くしてやればよいだけではないかと・・・(笑)。 

さて、世界天文年。世の中では星空を見上げようという機運が高まっており、「さあ、私も・・・」と言いたいところだったが、我が家には乳幼児が2人いる。 夜のんびり星を見上げている余裕はこれっぽちもない。そこで、星空探訪はとりあえずお預けにし、世界天文年の雰囲気醸成の一助にでもなればと思い、地元で子供向けの展示や日食観察会を企画した。 市内外の写真家から借用した天体写真を展示したり、各種展示品を制作したりした。世界天文年日本委員会(国立天文台内)にもデータ提供などで大変お世話になった。20年位前は、市内にも活発に活動していた天体観測同好会があったと記憶しているが、最近はそのような活発なグループも少なく、個人ベースで行っている場合が多いようだ。今回、何とか人づてに7人の写真家(大館、北秋田、鹿角、弘前、八戸在住)から50点ほど借用することができ、天文分野に関心のある近隣市町村の方々とつながりを持つことができた。

2009年は本当に天文に関する話題で盛り上がった1年だった。

今はまだ、子どもたちが小さいので無理だが、そのうち一緒に星空を見上げることが出来る日が来ると思うので、今は観望せずとも、予備知識だけは蓄えて、準備しておきたい。

d0021097_23365191.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2010-01-23 23:59 | 雑感

何やら雪の上に足跡が!?

数日前、仕事場の駐車場の脇の雪山(除雪してできた山)を登る足跡がついていました。
d0021097_232918100.jpg


ウサギの足跡です。 跡を追って行くと・・・ 
d0021097_23332052.jpg

ぴょんぴょん気持ちよく跳ねていった跡が続いていました。
ウサギさんが散歩しにきたようでした。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-22 23:59 | 生物

1/17 冬型緩む 今日は穏やかな天気

今日は1/11以来、6日ぶりに1日当たりの日照時間が2時間を超え、時折、気持ちのよい青空が広がりました。雪は弱まりましたが気温はまだ低く今日で4日連続の真冬日。朝はマイナス10℃まで下がりました。

午後に30分ほど時間を確保できたので、写真を撮ってみました。


d0021097_22543398.jpg

↑雪雲から地表に向かって黒い筋が2本見られます。雪が降っているようです。手前の河川は全面凍結して、その上に雪が積もっています。

d0021097_23044100.jpg

↑久しぶりに気持ちのよい青空が。

d0021097_2256254.jpg

↑緑や赤に染まった雲、「彩雲」が見られました。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-17 23:59 | お天気

夜の雪

連日、仕事で関連施設の除雪や軒先の氷落としに追われていますが、昨日は今季初の屋根の雪下ろし。時折吹雪に見舞われながら、高所で作業をしました。スコップに手や手袋が触れると、すぐにくっついてとれなくなるほど気温が低いので、比較的安全に作業ができました。(注:寒いと屋根の雪や氷が緩まないので、自分が落下する可能性が低いという意味)
 この建物は屋根の雪が増してくると雪の重みで、ドアが開きにくくなってくるそうです。


ところで、雪明かりで照らされる夜の風景って趣がありますね。いつか撮影してみたいと思います。
ちなみに、下の写真は空から雪が舞い降りてきているところ。

 
d0021097_0115985.jpg



ps. 大雪が続いていますが、近隣の北秋田市では、積雪が基準値を超過したため、市が雪害対策警戒部を立ち上げたそうです。新潟県では積雪が4mを超えたところが出てきました。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-16 23:59 |

寒波襲来。道を歩くと「キュツ、キュッ」と乾いた音が!

今日はこの冬一番寒い「お昼」でした。
大館では、14日正午の気温はアメダスで -5.6℃。 

歩くと、足元から「キュッ、キュッ」 と乾いた音が聞こえてきました。「鳴き砂」の音に似ています。



d0021097_23374240.jpg

画面中央は道路。 相変わらず前がよく見えません。これでも吹雪が収まってきたときに撮影した様子です。


d0021097_23371257.jpg

圧雪道路。氷路面やシャーベット路面などよりは、ずっと走りやすい。 歩くとキュツ、キュッ。


d0021097_2338692.jpg

新雪。さらさらして、乾いた砂糖の山のよう。スコップですくわなくても、ほうきで掃くような感じで雪寄せできます。 ところどころ、きらきらしているのは、雪の結晶からの反射。 結晶の表面が鏡となって照明の光を反射させています。


d0021097_23375520.jpg

おっ、ひとつだけ、よく反射している結晶が!


今回の寒波は、大館では出勤前と退勤前に車に積もった雪を10-15cmくらい払うだけで済んでいますが、大変なのは、新潟県上中越地方の山沿いです。

例えば、アメダス津南では、13日14:00~14日14:00の24時間で積雪深が106cm増加(175cm → 281cm)。 さすが北陸。恐ろしい降り方です。きっと息苦しくなるような圧迫感があったのではないかと思います。 アメダス観測点では津南が雪が多いということで有名ですが、新潟県で必ずしもここが一番多いというわけではありません。松代~松之山、入広瀬~守門など豪雪地帯は、ほかにもあります。新潟県道路情報システムによれば、新潟県内で、すでに6カ所が積雪3mを超えています。

14日は、レーダーエコーは、しばらく上中越の山沿いにべったり張り付いており、長時間強い雪が降りっぱなし。日降水量は50mm以上のところもあります。屋根にはこれまでに積もっている雪に、50mm以上の水分がずっしりと追加された状況になっているので、相当圧がかかっていると思われます。建物被害が心配です。

大館で、厳冬期に「雪」で日降水量50mm以上なんて私は聞いたことがありません。新潟の雪はすさまじい降り方としかいいようがありません。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-14 23:59 | お天気

雪の積もり方(移動のしかた)

(1.5加筆修正)

この年末年始は、「雪、雪、雪」、除雪三昧で休みなし! 2005/2006豪雪(H18豪雪)を思い起こさせるような雪の降り方でした。 休み明けは職場の除雪で午前中は汗だく。シャツ(冬用の暖かいもの)を着替えようとしたら、なんと、買ったばかりなのに、「びりっ」、「びりっ」と2か所もさけてしまいました。汗でシャツが体に張り付き、引っ張ろうとしたときに指で穴を開けてしまったらしい。なんてこった。先日能代のユニクロ低価格路線の店g.u.で買ったばかりなのに。やはり、低価格路線の品物はすぐ駄目になりやすいようだ。本家のユニクロの方がよさそう。

ところで、本題。

雪は上空の雲から落下してきます。
強風が吹いているとき、「降る雪」は、真横から降っているように感じられますが、それだけでなく、「積もっている雪」も、風で舞い上げられ、「降る雪」と混ざって、どんどん風下に移動させられていきます。

この年末年始の雪ですが、市内でもやや強い風を伴っていたので、吹き溜まりや雪庇(せっぴ)が見られました。やや強い風といっても近隣アメダス(大館)では1/1, 1/2ともに最大風速4m/s, 最大瞬間風速は11m/s程度(風速計の設置高度は地上10.0m)。

それでも、家周りの風が強められる部分では地面が見えるほど雪が吹き飛ばされ、対照的に吹き溜まりには1mほどの雪が積もっていました(吹き寄せられていました)。
d0021097_23254110.jpg



また、建物の風上側には、きれいな波状の紋ができていました。積もっている雪が風で移動して、波紋の内側は周囲より積雪がかなり少なくなっています。適当な水流と石があるところにできる川底の砂の紋に似ています。
d0021097_23214424.jpg

d0021097_23221247.jpg



道路は風が吹くたびに視程が落ちています。頭上には強い雪を降らせるような雪雲はありません(うっすらと青空がのぞける)が、風上側(写真左側)から雪が移動してきて視程を悪くさせています。写真は2枚とも上下方向に道路が走っています。ここは赤白の除雪ポールや電柱が道路わきに立っていないため、視程が悪くなるとどこまでが道路で、どこからが道路でなくなるのかわからなくなります。上下左右のうち下左右が真っ白に見えます。気温が低くて雪が乾いていればいるほど、雪が風で移動しやすいので、警報、注意報の基準に達しない程度の風でも、視程障害が起こりやすく、車の運転には注意が必要になります。
d0021097_23223721.jpg

d0021097_23225892.jpg


写真は全て1/1 - 1/2に撮影
日降雪量(大館市消防署比内分署調べ)
12/31 9:00JST - 1/1 9:00JST 9cm
1/1 9:00JST - 1/2 9:00JST 39cm
1/2 9:00JST - 1/3 9:00JST 15cm
1/3 9:00JST - 1/4 9:00JST 16cm
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-04 23:59 |

Happy New Year !

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ところで、元旦に東京へ帰る予定の姪っ子たちに何か大館土産でもと思い、31日に観光プラザに行ってきました。ところが、店の扉は固く閉じており何も買えずじまい。閉店でした(1/2オープンとのこと)。 約1分の滞在で駐車料金だけ取られて帰ってきました。

しょうがないので、大館駅へ急行。なんとかハチ公グッズを見つけました。2009年は大館の観光元年。グッズが増えていて助かりました。

問題は駅前のロータリーです。分厚い氷ででこぼこ!

帰省客が大館へ帰ってきて第一歩を踏み出す玄関口がこの悪路。一番印象に残るこの場所が、この状況です。市内を見渡しても駅前ロータリーの状況の悪さは突出しています。大館の印象はここで決まるといっても過言ではないのに。

でも、このでこぼこ、ぐちゃぐちゃの雪氷の道をぬかるみ滑りながら歩いてこそ、「ああ、確かに自分は大館に帰省してきたんだ」と実感できるのかも。そういえば、私も県外在住時に大館に帰省した時は、駅前の悪路で、大館に戻ってきたと実感していたような記憶が…。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-01 00:00 | misc