北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第2回開花予測

ここ1週間ほど雪の毎朝で、除雪が必要な時もありましたが、28日(土)は、出勤先で午前中だけで2回も除雪。日中日が照るとすぐ解けるのですがね~。 
寒い日はまだもう少し続きそうです。

第2回桜の開花予測日は、次のとおりです。今回の寒波は織り込み済みなので、第1回予測日とあまり変化していません。

弘前公園4/21
角館桧木内川堤 4/22  

その他の地点の開花予測日については、こちらをご覧ください
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-30 23:59 | 生物・季節現象

雪、雪、雪

(備忘録) 朝3-5cmの積雪。車から雪を落とし、積雪路面を通勤。除雪。夕方までに花壇の積雪は増え、7cmほど。帰りも車の雪を払い落とす。路面の雪は日中解けたためなし。アメダスによれば、東北地方の平野は大部分で積雪ゼロとなっているが、わが地域は何か別世界のような感じ。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-24 23:58 | お天気

「2009北東北の桜」オープンしました。

(2009.3.23 内容修正)


「2009北東北の桜」オープンしました。

こちらのサイトをご覧ください。


HM開花予測日(角館の予測日に間違いがありましたので3.23に修正)

弘前公園園内 4/20  〇  
角館桧木内川堤 4/22   〇
大館市地裁構内(桂城公園基準木) 4/23  〇 
桂城公園園内 4/24

〇がついている地点は、市町村などが開花日を発表している基準木を対象としています。


今年の大館の開花予測は難しいところです。
なぜならば、昨年秋に大館のアメダスが片山(市街地)から真中(郊外)に移転しているからです。
予測計算の際は、移転前後において、気温データに連続性があるということを前提にして処理しています。
もし、真中のほうが気温が低いということであれば、上記の大館及び下記リンク先ページの鹿角の開花予測日は前倒ししなければなりません。 きちんと検証できていませんので、とりあえず、片山と真中はイコールと仮定しています。悪しからず・・・。


その他の地点の開花予測日については、こちらをご覧ください。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-22 23:59 | 生物・季節現象

桜の開花予想

今年は特に忙しいので、2009年の桜の開花予測はやめようかと思っていましたが、最近、開花予想日はいつなのか?と聞かれることが増えてきたため、不定期としながらも、予測をしてみようかと思っています。
もう、桜祭りの期間を設定する時期なのですね。

全国的に気温が高く、開花がとても早まっていると報道されていますが、これに惑わされてはいけません。
東北地方の内陸部では、他地方のようには高温で経過していません。

特に、秋田県内陸北部~津軽南部(鷹巣~大館~鹿角、碇ヶ関)の過去30日間(~3/17)の平均気温は、青森市や秋田市などのようには高くなく、平年比マイナスです。

また、今後4月の開花時期にかけての気温は、長期予報の資料によれば、特に際立った高温傾向にはなっていません。

今日、ざっと計算したところ、大館、弘前、角館の開花予測日は、平成元年以降20年間の平均開花日と同程度になりました。

新しい資料が入る3/20以降に、精査して私の開花予測日を掲載したいと思います。
(あくまでも予定ですが・・・)


GW前半までもって欲しいですね。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-18 23:59 | 生物・季節現象

今日の岩木山

今日の岩木山です。
地元にもこういう独立蜂が欲しいです。毎日見ても飽きないでしょうね。
d0021097_2343273.jpg


3月の太陽光は意外に強く、9月と同じ程度です。まだ根雪も残っているこの季節、雪面からの反射もあるので、まぶしくて片頭痛持ちの人にはちょっと厳しい季節。

雪が消えると雪面反射はなくなものの、今度は花粉症の季節が本格化。マスクを準備しなければ。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-08 23:59 | 生物・季節現象

雪解け進み、カマクラの穴大きくなる

(2009.3.8更新)

雪解けが進み、自宅庭のカマクラの穴が日増しに大きくなってきました。
d0021097_2358696.jpg

2009.3.5撮影
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-05 23:59 | 生物・季節現象

雪解け進む大館で蝶々発見!

(2009.3.8更新)

仕事場の近くで昼休みに、蝶々を2日連続(3/4, 3/5)で見かけました。
こんなに早く見かけるのは初めてです。

平坦地は、下の写真のようにまだ30cm以上の積雪に覆われていて、蝶が飛びまわるなんて考えられないのですが、実は暖かいところってあるものです。
d0021097_0261626.jpg

平坦地の積雪状況。(2009.3.5昼)

それは、里山の南向き斜面で広葉樹に覆われているところです。蝶を見た時間帯の気温は5℃前後だったのですが、南向き斜面の地表面は、太陽に熱せられて、ぽっかぽかです。手を当てるととても暖かいのです。

d0021097_026389.jpg

↑ 南向き斜面の積雪状況。広葉樹林と針葉樹林の違い。(2009.3.5昼)
針葉樹は樹冠で太陽エネルギーを吸収または反射してしまいますが、葉がない広葉樹林の場合は林床まで太陽エネルギーが届いて地表面を暖めてくれるようです。


今日は啓蟄でした。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-05 23:59 | 生物・季節現象