北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「岩神ふれあいの森」の桜

今日の秋田魁新報の「地方点描」に、静かなたたずまいの中で桜の花を愛(め)でることができる場所として大館市の「岩神ふれあいの森」が紹介されていました。

偶然にも今日、シドニー時代の友人が東京からバスツアーで岩神ふれあいの森に来ることになっていたので、40分の滞在時間中に再会して、ツアー客の中に紛れて一緒に散策してきました。

一般市民の間ではお世辞にも認知度が高いとは言えないところだけに、はじめは、見るに値するような桜があるのか内心冷や冷やしていましたが、実際のところは、思っていた以上に、よかったというのが正直な感想です。

22種類2000本というふれこみは、果たしてどこまで正確なのか、桁が一つ多いのではないかと穿ってしまいます(昔は1万本桜とも言っていた(驚!)。

しかし、駐車場から貯水池に向かって続く砂利道の桜並木を歩いていると、まちなかの公園とは違うのどかさと風情を感じることができ、爽快なことは確かです。

肝心の貯水池の周りの桜は、どこが見どころのポイントなのかよくわかりませんでした。これは後で要チェックです。

もうひとつ、長時間バスに揺られてきたツアー客にとっては、座席から離れ、しばし自然の中で外の風に吹かれることは、気分転換にもなりますし、ポイントが上がる一つの要素になるかもしれません。(外洋で船酔いする時に、気を紛らすため甲板で潮風に吹かれる感じ)

ところで、駐車場でバスの運転手さんが、自分のバスのタイヤホイールを磨いて、ツアー客が戻ってくるまでの間に、ピッカピカにしていました。 車体ももちろんピッカピカ。きっと常に磨いているんでしょうね。 

運転手さんのプロ意識を感じ、とても感動しました。脱帽です。


首都圏の観光バス会社はすごいですね。

今日は何年かぶりに留学時代の友人と会えて楽しかったです。2泊3日で、北東北6か所の桜めぐりをするツアーとのこと。あとで、各地の感想を聞いてみたいです。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-26 23:59 | 地元ネタ

4月なのにもうトンボが飛んでいました!

数日前、北東北の大館でイトトンボを見かけました。 池のほとりに5,6匹です。
これは、越冬タイプのホソミオツネントンボでしょうか? 交尾、産卵もしていました。

d0021097_2233522.jpg

d0021097_2235335.jpg


4月にトンボを見かけたのは、はじめてでしたのでびっくりしてしまいました。今羽化したのではなく越冬していたんですね。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-25 22:04 | 生物・季節現象

大館の桜

2008年の大館の桜です。

桂城公園園内の様子
d0021097_22374270.jpg

d0021097_2238329.jpg

シダレ桜って、いいですね~。好きです。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-23 23:59 | 生物・季節現象

ソメイヨシノ満開

21日、北東北各地の桜の名所でソメイヨシノが満開になったと発表されています。

21日に満開になた地点:
角館町檜木内川堤
青森市合浦公園
弘前公園園内

21日は、なんと、札幌でも開花が観測され、統計開始以来最も早い記録となっています。
21日に開花した地点:
札幌市北海道神宮
松前公園
八戸市館鼻公園



↓大館樹海ドーム公園の桜
d0021097_233424.jpg


d0021097_2331155.jpg


大館市幸町の桜
d0021097_2342256.jpg


長木川堤防の桜
d0021097_2311664.jpg



近年は、下の写真のようにテングス病に罹患している桜が多くて残念です。
d0021097_2324498.jpg


この季節、まちはソメイヨシノで溢れています。それはそれできれいなのですが、どこもかしこも植樹されたソメイヨシノ一色という状況には違和感を感じなくもないです。個人的には、別の樹種や、そして美しい一本桜を見てみたいです。近場で探していますが、なかなかありません。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-21 23:59 | 生物・季節現象

春真っ盛り

春真っ盛りのこの頃。

緑地の上を毎日歩いていると、靴底の感触が、日に日に変化してくるのを実感します。

雑草が伸び、花を咲かせています。

d0021097_2130755.jpg


d0021097_21293476.jpg

↑ オオイヌノフグリ


d0021097_21295290.jpg

↑ ヒメオドリコソウ

d0021097_21302684.jpg

↑ これは雑草ではありませんが、ミズバショウの季節でもあります。


この季節が過ぎると、高木にも少しづつ緑が見られるようになり、新緑の季節を迎えます。
春実感です!
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-20 23:59 | 生物・季節現象

弘前公園と桂城公園の園内で開花!

4/16 弘前公園と桂城公園の園内で開花!


d0021097_22155535.jpg

↑ 桂城公園で開花(昨年比10日早い)
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-16 22:14 | 生物・季節現象

第7回ソメイヨシノの開花予測を実施しました。

第7回ソメイヨシノの開花予測を実施しました。

「2008北東北の桜」 ウェブサイト 
開花予測を更新しました!

こちらです。


ところで、本日、弘前公園の外濠と桂城公園近隣の裁判所構内(大館の基準木)の開花が発表されたようです。(昨年より10日ほど早い。)

先日、魁新報に続き、北鹿新聞でも、「2008北東北の桜」 ウェブサイトが紹介されました。
両紙ともに、桂城公園の開花は17日と紹介していますが、これは、各種桜だよりなどで、「桂城公園」として発表される大館市の基準木(裁判所構内の木)でを対象としたものではありません。あくまでも、桂城公園の園内の木を対象としています。園内は16-17日に開花しそうです。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-15 23:59 | 生物・季節現象

開花まであともう少し!

先日、秋田魁新報のコラムに、私の開花予測HPの件が紹介されました。

この日までは県内からのアクセス数割合は全体の2%台であったのですが、この日は20%を占めるまでになり、その翌日も5%以上を維持しています。

以前予報をしていた会社の上司で、陸自出身の恩師からも、メールが寄せられました。マスメディアの力って大きいですね。ありがとうございました。

弘前市発表の園内の開花予測日は今日、4/16に修正され、私の予測日と同じくなりました。

弘前市の担当者から以前伺った話によると、外濠は、園内より1日早く咲く年が多いようです。
よって、今年は外濠では15日ごろには咲きだすものと思われます。

また公園から離れた市街地市などは、これよりも早く咲く桜もあるようです。

あともう少しです!
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-11 21:40 | 生物・季節現象

第6回ソメイヨシノの開花予測を実施しました

第6回ソメイヨシノの開花予測を実施しました。

「2008北東北の桜」 ウェブサイト 
開花予測を更新しました!

こちらです。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-08 23:59 | 生物・季節現象

仙台、大船渡で開花!

4/5新潟と仙台で、4/6大船渡でソメイヨシノが開花しました。いよいよ北東北にも開花前線が到達しました。

下は、4/7の大館市内某所におけるソメイヨシノです。花芽の成長具合から、昨年より10日以上早いペースで成長していることが伺えます。昨年の4/18-4/20ごろと同じ感じです。
ちなみにこの木は、桂城公園より数日遅く咲く木です。
d0021097_2126219.jpg


昨年は秋田市が開花してから北鹿地方に開花前線が到達するまでに1週間かかっていましたが、今年は当地の気温の経過状況から、昨年のようには差がつかないかもしれません。
[PR]
by yt-otenki | 2008-04-07 23:59 | 生物・季節現象