北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は寒い1日でした

今日は寒い1日でした。
北東北では正午の気温が15-20℃のところがほとんどでした。

d0021097_22305872.jpg

↑ アメダス気温分布 2007/8/31 12:00 気象庁HPより

今日のように天気図に東西に長い前線が描かれていると、そこは性質の違う空気の境目です。

今日の場合は、前線の北側に、秋をかんじさせる冷たい空気、南側には夏の空気があったと解釈することができます。

8月も今日で終わり。 
今年の7月は空梅雨で、弘前をはじめとして渇水が心配されました。大館では7月後半の降水量が16mm しかありませんでしたが、梅雨明け(8/2)が発表された次の日から8日間連続雨となりこの間の降水量は116mm。河川にも水が戻り、長木川でのイベントも無事開催されました。

今年の猛暑は、8/11-8/15がピークで、その後、お盆とともに急激に去っていったという印象があります。8月下旬は、朝15℃前後まで下がることも多く、山裾には放射霧がかかり、季節は秋に向かっていることが実感されるこの頃です。

8月の気象統計については、8月が終わってから、後日ふりかえってみたいと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2007-08-31 22:28 | お天気

盛岡市動物公園

土曜日に、子どもを連れて動物園に行ってきました。
大館から一番近いのは、盛岡市動物公園です。
距離は120km弱。高速経由で2時間かかりません。

この日は快晴。上空は下降気流の場となっていたようです。
朝は14℃まで冷え、長そでが必要なくらいでしたが、日中は日差しが強く、乾いた暑さになりました。

動物園は山にあるので、敷地がとっても広く、アップダウンがあり、子供を追いかけまわしながら歩き回ると汗だくになります。それでも救いは、今日の盛岡の最小湿度が27%で、乾いていたこと。 日陰は少し涼しく感じました。

教訓:動物園に行くのは、歩きまわっても暑くない春か秋がいいですね! 夏は暑くない水族館がいいです。

ところで、こどもは、九官鳥の「九ちゃん」にはまっていました。 鳥が人間の言葉を話すものだから、腹がよじれるだけ笑い転げていました。

私は、なぜか、「オニヤンマ」を手づかみしたので、子どもに見せたものの大きくて怖がってしまいました。 なので、近くにいた男の子に、プレゼントしました。羽を痛めず、かじられることもない、とんぼの持ち方も教えてあげました。大喜びでした。

d0021097_22454697.jpg

↑オニヤンマ

d0021097_22391890.jpg

↑仰向けに寝転がるカンガルー

d0021097_22394568.jpg

↑仰向けに寝転がるライオン♀

d0021097_22395888.jpg

d0021097_22413567.jpg



※下道で渋滞しやすいのは国道4号の盛岡北部の厨川~滝沢だと思う(朝夕の渋滞はすさまじいです。)ので、時間帯によって、滝沢ICでおりるのか盛岡ICで降りるのか決めたほうがよいと思います。市街地の渋滞の方がまだましだと思います。
時間帯によって、ETC50%引きでした。
[PR]
by yt-otenki | 2007-08-25 23:59 | 地元ネタ

熱帯夜の比較

気象用語でいう「熱帯夜」とは、最低気温が25度以上のことをいいます。

夏になると「今日は寝苦しくてなかなか寝付けなかった」などということをよく聞きますが、北東北の夜は、どのくらいの頻度で、この「熱帯夜」が、起きるのでしょうか。

少し、調べてみました。

以下が結果です。
1977年~2006年の30年間に、日最低気温が25度以上であった日数です。

札幌 2日
青森 7日
八戸 9日
弘前 3日
大館 5日
鹿角 3日
盛岡 2日
宮古 1日
秋田 69日
横手 15日
東京 785日
大阪 1074日

※気象庁のアメダスや官署の観測による


これによると、北東北では、30年間で10日未満のところが多くなっています。
非常にまれな現象であることがわかります。
5~10年に1回程度の発生頻度です。

ただし、日本海側沿岸部の県都「秋田市」だけは、北東北の中では群を抜いて寝苦しい夜が多くなっています。

秋田市は、他の北東北各地より一桁多いですが、さすがに東京や大阪にはかないません。
東京は785日、大阪は1000日超であり、文字どおり、桁違いの記録です。

東京や大阪の夜は、私たち北東北の人間にとっては、想像を絶するほど、寝苦しい夜が多いことがわかります。

日中暑くても、夜冷えるのでなんとか夏を持ちこたえられるのに、夜も暑いのでは、私には耐えられません!

d0021097_23582479.jpg

気象庁アメダス気温分布 8/22 3:00am  気象庁HPより

東京都心は夜中の3時でも、まだ30℃近くあります!
[PR]
by yt-otenki | 2007-08-23 23:59 | 高温・低温

眠れない日本海側のフェーン 

台風5号が九州に上陸して、日本海へ抜け、その後北日本を指向する見込みです。

このように台風が接近してくる前、日本海側では、気温がうなぎのぼりに上がることがあります。

地上天気図で、等圧線が南北に何本も走り、南系の風が強く吹く場合です。

日中暑くなるのはともかく、深夜でも、強い熱風により当り前のように30℃以上なので、寝苦しくてたまりません。

私は以前、北陸地方に在住して気象業務に従事していたことがありますが、北陸のフェーンは、ただものではありませんでした。 夜、南寄りの熱風が吹き荒れ、うるさくて眠れなかったことを思い出します。 風が弱まると気温が下がるのですが、風が強くなるとすぐに昇温してきます。

海岸地方では、深夜よりも、北寄りの海風が吹く日中に気温が低くなる場合もあります。

この事例については、また、後日、紹介したいと思います。


d0021097_23383477.jpg

↑ 2007/8/2 23:00JST アメダス気温 気象庁HPより 
日本海側の山陰地方で23時現在30℃超のところが多くなっています。  気象庁HPより 

d0021097_23385287.jpg

↑ 2007/8/2 23:00JST アメダス風向風速 気象庁HPより 
台風の接近に伴い、南東の風が強くなってきました。 
[PR]
by yt-otenki | 2007-08-02 23:59 | 高温・低温