北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

春の雪

29日は低気圧の通過に伴い、北東北ではまとまった雪が降りました。
盛岡では、3時から9時までの6時間で16cm積もりました。
大館でも、5cm位積もっていました。
d0021097_0381197.jpg

↑3/29朝の様子 (大館市)
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-29 23:59 | お天気

27日は東北地方の広い範囲で黄砂が降りました。

27日は東北地方の広い範囲で黄砂が降りました。
大館では、日中どんよりとした雲に覆われ、時折雨が降る天気でしたが、空の雲は赤っぽく暗く、午後には、車のフロントガラスに、黄砂が降っているのが確認されました。その後強い雨が降って、流されてしまったりしたので、当地では気づいた人は少なかったかもしれません。(地元のメディアでは取り上げていないようです。)
d0021097_032459.jpg

↑27日に黄砂が観測された気象官署の分布 気象庁HPより


ゴビ砂漠周辺を低気圧等が通過すると乾燥した土壌等が上空へ舞い上げられ、低気圧の東進に伴って、朝鮮半島や日本列島に、黄砂がもたらされるようです。

地上天気図の低気圧の動きと九州大学/国立環境研究所 化学天気予報システム CFORS
の黄砂予測の分布図と照らし合わせてみると、ほぼ対応していることがわかります。

ゴビ砂漠周辺を強めの低気圧が通過すると、土壌も大量に上空に舞い上げられているようで、その数日後に、朝鮮半島や日本列島にも、濃度の濃い黄砂が降るようです。

上空の風向き、低気圧の経路にもよりますが、西日本で黄砂が降るかどうかは、朝鮮半島で、どの程度濃度の濃い黄砂が降っているかを見れば、判断できるものと思われます。

あとで、ダストストームが発生し、土壌が吸い上げられるゴビ砂漠周辺の地上被覆の様子をNASAのWorld Windを使って、ご紹介したいと思います。

d0021097_0423465.jpg

↑車のフロントガラスに付着している黄砂(28日昼撮影)
27日午後にたくさん降っていましたが、それは強制的に落としましたので、写真は、27日夜以降に降ったものの跡です。
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-29 23:58 | お天気

黄砂の季節。明日から明後日は洗濯物注意! 

九州大学/国立環境研究所の黄砂予測情報によると、27日午後から28日にかけて、大陸~朝鮮半島~日本海を超えて、日本の東北地方にも、次第に黄砂が飛んでくるおそれがあります。 遠くの山が見えにくくなり、28日の朝は、雪面や車に、うっすらと褐色の粒子が付着している可能性も。

九州大学/国立環境研究所 化学天気予報システム CFORS (Chemical weather FORecasting System) に、黄砂の予想分布が掲載されていますのでご覧ください。動画あり。
d0021097_2346041.gif

↑27日18時の黄砂の予測(九州大学/国立環境研究所 化学天気予報システム CFORS HP(3/26)より引用 )

ちなみに気象庁も黄砂予測をしています。

2月から5月は黄砂の季節ですが、その中で4月が最も多く観測される月です。
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-26 23:28 | お天気

第6回桜の開花予測を実施

第6回桜の開花予測を実施しました。
最新の計算結果はこちらです。



昨晩計算する予定でしたが、子供の寝かしつけの時、一緒に朝まで爆睡してしまい失敗。危うく今晩もそうなるところでしたが、なんとか起きました(笑)。
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-24 23:59 | 生物・季節現象

今日も雪

今日は朝から湿り雪。 昼過ぎからはやや強くなり、車も薄っすらと雪化粧。
今日日中の気温は0℃~1℃台で経過しました。

3月7日以降22日まで、低温傾向となり毎日のように雪が降ってきましたが、ようやく終わりを迎えそうです。上空の大気の流れが変わり、春の空気が運び込まれてきそうです。
週末以降は10℃を超える日が出てきそうです。
d0021097_22315113.jpg

d0021097_22261185.jpg

↑今日日中にフロントガラスに積もった雪
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-22 22:25 | お天気

気象庁のソメイヨシノ開花予想 青森~秋田

3/20気象庁から東北地方のソメイヨシノの開花予想が発表されました。
それによると、秋田市は昨年より7日、青森市は昨年より9日早いようです。

私の予測(3/17)でも、大館、角館ともに昨年より7日早い計算になっていますし、ウェザーニューズも、ほぼ同じ予測となっています。
気象協会だけは、他社よりかなり早い予想となっています。


◎各社の予測の比較(発表日)
対象都市 気象庁(3/20)、 ウェザーニューズ(3/20)、気象協会(3/13)、HM(私;3/17)
青森 4/22, 4/23, 4/15,なし
大館 なし, 4/23, なし、4/22
角館 なし、4/22, なし、4/23
秋田 4/14, 4/16, 4/11, なし
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-20 23:59 | 生物・季節現象

最近の桜の様子 大館

最近の桜の様子です。
写真は、花芽の食害痕です。

フィーフィーと鳴く「ウソ」に、見事に食い荒らされています。
花芽が食べられ、食べカスが無残にも木の下に散らかっています。



d0021097_23412883.jpg

↑3/19 雪の上に無数の食害痕


d0021097_23414628.jpg

↑4,5日前
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-20 23:58 | 生物・季節現象

今頃になってこの冬一番の冷え込み

3/19は、今シーズン、最も冷え込みました。
最低気温は、鹿角-13.4℃、大館-8.8℃でした。


3月の半ばというこの時期に最も低い気温を記録するのも珍しいですが、それにしても、今シーズンは冷え込みが弱い冬でした。

ちなみに、昨冬の最低気温は、鹿角-18.1℃、大館-17.2℃でした。
大違いです。


ところで、3/19の朝は、水深が浅い幼児用プールは全面凍結していたものの、一般用の深いプールはほとんど凍結していませんでした。

水深が深いと、貯熱量が大きいので凍りにくいんですね。

十和田湖は、気温が低いにもかかわらず、水深が深いので、冬でも凍結しません。
スケールは違いますが、これと同じ原理ですね。
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-20 23:57 | お天気

秋田魁新報に掲載されました

私の桜の開花予測のHPが、3/17の秋田魁新報朝刊で紹介されました!

秋田魁新報の記事はこちらです

記事の写真は、毎年桜祭り関係者が開花具合を観測している裁判所内の基準となる木です。周囲はアスファルトで覆われ、おまけに、基準木の枝が自転車置き場のトタン屋根の上に伸びてきており、その部分だけが、最も早く咲きます。 

ということは、基準となる木は、周囲で最も早く咲く木ということです。早く開花したと発表すれば人がどっと押し寄せる効果がありそうです。
(気象関係者であれば、最も早く咲く木ではなく周囲を代表するような木を選んでいると思いますが。)

この裁判所内の開花状況が、桂城公園の開花状況として、各方面で発表されているようですが、すぐ近くにある実際の桂城公園の中の木は、これより若干遅れますので、参考までにお知らせします。
[PR]
by yt-otenki | 2007-03-18 23:59 | お天気

今日は地吹雪!!

大館は沿岸部に比べて、普段は風は強くない地域ですが、3/12は今シーズン最大級の地吹雪となりました。 気象データ等は後日掲載します。

地吹雪は、地面に積もっている雪が、強風で舞い上げられ、風上から風下に流れていく現象です。視界は上方ほどよいのが特徴です。積もっている雪が舞い上げられるだけでなく雪雲からの降雪もあれば、更に見通しが悪くなります。

一般に気温が低いほど、弱い風でも地吹雪となり視界が悪化します。

下記動画は12時半ごろの市内の様子です。
地吹雪は、ゴーという音を伴ってやってくるので、目をつぶっていてもすぐわかります。
地吹雪が来ると、視界がゼロに近くなり、呼吸が困難になり、街中でも遭難するのではないかとの恐怖さえ覚えるほどです。

北日本の日本海側沿岸部や津軽平野の本場の地吹雪は、もっと凄いはずです。
五所川原の地吹雪体験ツアー、ちょっと体験したい気がします。


[PR]
by yt-otenki | 2007-03-12 22:52 | お天気