北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(40)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年桜の開花予測

2007年も桜の開花予測を行います。
1週間に1度の頻度で更新する予定です。(多分週末)
こちらをご覧ください。

第1回予測は2/25に行いました。
(時間がなくてUPが遅くなりました)

詳しくはまた後日ということで。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-28 23:59 | 生物・季節現象

サクラの花芽をついばむウソ発見!

ついに発見しました。
サクラの花芽をついばむ犯人「ウソ」を。

上部の枝に3羽飛んできて、フィー フィー と鳴きながら、
楽しそうに花芽をついばんでいました。

下から見上げていると、次から次へと、食べかすが上から落ちてきました。

d0021097_22362762.jpg

↑ サクラの花芽を食害するウソ

d0021097_22365128.jpg

↑ 食べカス

d0021097_223789.jpg

↑ あんまり、食べられちゃうと、花見に影響するな~
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-20 23:59 | 生物・季節現象

15日はこの冬一番の大荒れになりました

2月15日の北鹿地方は、この冬一番の大荒れの天気になりました。
交通機関は麻痺し、陸空海ともに運休が相次ぎました。
話によると、大館~盛岡間は車で5時間かかったそうです。

また、北鹿新聞によると工場のトタン屋根が約48m2にわたってはがれ、約100m飛ばされ、駐車している車にぶつかる被害があったとのことです。

雪は、秋田市などではほどんど積もらなかったようですが、大館~鹿角では、どさっとまとまった降雪を観測しました。

15日は、14時~19時まではマイナス2℃台で推移したものの、その後深夜にかけて気温が上昇し、朝にかけてプラス0℃台の高温で推移したため、朝は重みのある湿雪で、雪かき作業がいつもより重労働になり大変でした。

最大瞬間風速  22m/s (13:10)
日降雪量      25cm (15日7時~16日7時)
いずれも大館市消防署東分署観測

この冬は、爆弾低気圧や強い寒気により全国的に大荒れになることが何回かありましたが、内陸の当地方では、これまでその影響をほとんど受けず、平穏でした。

そのため、予報を信じて休日の外出を控えたが実際は好天だったので、拍子抜けした。予定が狂った。いう人が多数出て、地元紙でもその点に触れられていました。

海上や沿岸部では、実際荒れているところが多かったようですが、当地方の住民にとっては、予報者は、まさにオオカミ少年として映っているのではないでしょうか。

しかし、今回ばかりは、オオカミではなく、予報どおり、強風が吹き荒れ、吹雪となりました。

吹くといって吹かないのと、吹かないと言って吹くのでは、どちらがよいでしょうか。

防災上、私は前者だろうなと思います。


d0021097_2318469.jpg


d0021097_2319511.jpg

吹雪だったので車の側面にも雪がまとわりついたのですが、朝には湿雪に変わっていたため、車の汚れを落とすににはちょうどよく、雪を落とすついでにブラシで汚れも落としました。

d0021097_2319207.jpg

↑風が強かったため、2階の外壁にも雪が吹き付けられています。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-17 23:59 | お天気

居住空間の温度を決める気象条件 #1

居住空間の温度を決めている気象条件は何でしょうか?

1/1~2/11の屋内と屋外(アメダス)の気温データを解析してみました。
・屋外観測は大館アメダスのデータを利用
・屋内観測は屋内3箇所に温湿度の自動記録計を設置して毎時(1日24回)観測。

その結果、わかったことは、屋内の日平均気温と屋外の日平均気温との相関は思ったほどみられなかったことです。 寒い日は暖房強度を強くし、暖かい日は弱くするので、相関が小さくなるのは当たリ前なのですが、予想以上の相関のなさでした。
d0021097_0392764.gif

↑日平均気温の3居室平均とアメダス日平均気温の関係

最も強い相関が見られたのは、南側居室の日最高気温とアメダスの日照時間でした。
太陽エネルギーが窓ガラス越しに入射すると、その分、部屋が暖まるようです。室内に太陽エネルギーが到達して熱エネルギーに変換されても、壁の断熱性が高く、寒冷地仕様の高断熱性の複層ガラス窓の場合は、外へ熱が逃げていきにくく、室内の気温を上昇させるようです。
d0021097_036916.gif

↑1F南側リビングの日最高気温ととアメダス日照時間の関係

我々人間界にとって、太陽エネルギーの力はとても大きいものです。

冬でも太陽エネルギーをふんだんに享受できる太平洋側の人たちがうらやましいです。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-16 23:59 | お天気

サクラのつぼみが食べられています ウソによる食害 

角館のサクラを管理している樹木医の方から、角館ではウソ(鳥)による食害がもうはじまっているとの情報を聞き、先週、大館の桂城公園ではどうなのかと確認しに行ってきました。

そしたら、ソメイヨシノの木の下に、つぼみの食べかすがたくさん落ちていること、落ちていること。今春のサクラは、この食べられた分だけ花が少なくなることになります。

樹木医の方に写真を送り鑑定していただいたところ、まさに、これがウソの食害痕とのことでした。

d0021097_22375324.jpg

d0021097_22372888.jpg

d0021097_2238123.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2007-02-13 23:59 | 生物・季節現象

青森県気象予報士会のPR

今日は、私が属する青森県気象予報士会のPRをしてみたいと思います。

青森県気象予報士会は、気象に関心のある方なら、どなたでも参加できる会です。予報士の資格がなくてもOKです。予報士を目指す方のための勉強会もあります。
青森県だけでなく、他県の人も参加できます。(私も青森県民ではありません。)

活動内容は、多岐にわたり、主なものは、気象施設見学会、雲の観察会(八甲田、岩木山など)、小学校などでの気象教室(講演)、弘前大学理工学部主催の「楽しい科学」の「体験!1日気象予報士」への協力、青森県気象問題連絡会での発表などです。

詳しくは、当会の会報をご覧ください。
(担当幹事として私が編集しました。)
こちらです(PDF)

東北地方には、予報士が集まるような組織といえば、青森市に拠点がある「青森県気象予報士会」と仙台市に拠点がある「日本気象予報士会仙台支部」の二つです。

秋田県や岩手県には予報士の組織はありません。予報士の人数自体が少ないからかもしれません。北東北では青森県が予報士の数が一番多く、人材が厚いです。需要が高い現われでしょうか。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-09 23:59 | お天気

今年の降雪量は昨年の4分の1 大館

この冬は、暖冬少雪と言われていますが、客観的にどの位、雪が少なかったのか、検証してみたいと思います。

今冬季のこれまでの降雪量(11月~1月)は119cmでした。
これは、過去30年平均値(1977-2006)と比較して約半分です。
例年の半分しか降っていなかったのです。確かに少ないです。

しかし、実感は、もっと少ない感じ。

なぜなら、昨年の豪雪の記憶がまだ残っているからか?
昨冬季は「平成18年豪雪」で、平年の2倍の降雪量がありましたが、今冬季は平年の2分の1。 即ち、今冬季は、昨冬季の約4分の1しか降っていないのです!
著しい差です。

市内の雪捨て場には、昨年のような雪山はなく、閑古鳥状態。
雪が少なくてうれしい人もいれば、商売に響く人もいて、世の中大変です。

当市では、少雪のため、市民スキー大会は中止になりました。


月降雪量(大館市消防署東分署観測)

   今冬季, 昨冬季, 平均値(1977-2006)
11月  4cm, 4cm, 8cm
12月 25cm, 260.5cm, 80cm
1月  90cm, 192cm, 147cm
-------------------------------------------------
11-1月 119cm, 456.5cm, 235cm


ちなみに、気象庁アメダスによる1月の月平均気温は、過去30年で2番目に高く、マイナス0.2℃でした。平年より2.3℃高くなりました。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-07 23:59 | お天気

大館のソメイヨシノ開花日データについて

今春の大館のソメイヨシノ開花予測のために、文献収集をしていろいろな手法を比較検討していますが、肝心の過去の開花日データの蓄積が少なくて困っています。
大館については18年分(1989-2006)しかありません。

どなたか、それ以前のデータについてご存知のかた、または資料の在り処を分かるかたがおられましたら、教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-06 23:59 | 生物・季節現象

湿り雪が降ったあと

2/1には、風がない状態でまとまった湿り雪が降りましたが、2/2には晴れ間が出て穏やかな天候(時々弱い風が吹く)となりました。このようにまとまった雪(特に湿り雪)が降った後は、頭上注意です。樹木や電線などに、雪が付着していることが多いものです。晴れているのに、風が吹いてきた時や雪が解けてきた時に、突然、頭上から雪や氷の塊が落ちて頭に当たるということがあります。

d0021097_0474417.jpg

2/2 雪が降り止んだあとの気持ちのよい青空 (サクラの枝に着雪)
大気中の汚れも落ちて、きれいそうです。

d0021097_0475829.jpg

冬でも葉のある針葉樹、特に枝が水平に広がっているタイプには、かなりの雪が積もり、枝がたわんでいます。重そうです。


日降雪量
1/31 7:00 - 2/1 7:00 18cm
2/ 1 7:00 - 2/2 7:00 19cm
主に、2/1未明~2/2朝にかけて、まとまって降りました。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-02 23:59 | お天気

湿り雪の大雪

新聞報道等によると、この冬は、記録的な暖冬のようです。
どの位暖冬だったのか、後日調べてみたいと思います。

暖冬暖冬といっていたら、今日は、青森県~秋田県内陸部の広い範囲でこの冬一番の大雪になりました。今朝7時までの降雪は18cm。日中も15cm以上は降ったものと思われます。
今日は、ひざ下までの長さのある長靴をはいての出勤になりました。
今朝は除雪車は来ていなかったようです。

気温が高く、湿り雪だったので、フロントガラスも凍らず、車の雪落としは楽でした。汚れも一緒に落ちて一石二鳥です(笑)

このくらい大雪でも、大館鹿角地方には、レーダーで雪雲がうつっていないようです。ノーエコーです。
[PR]
by yt-otenki | 2007-02-01 22:50 | お天気