北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(40)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雲の観察会 岩木山

9/30青森県気象予報士会の行事の一環で雲の観察会が岩木山で開かれました。
もくもくとカリフラワー状に発達している対流雲(中程度以上に発達した積雲~初期の積乱雲)が目の前に迫り、とても迫力がありました。 当日は気圧の谷の通過に伴い、山岳や山沿いを中心に、北東北の所々で雨が降り、雷雨となったところもありました。(平野部ではほとんどの地点で晴れ時々くもりやくもり時々晴れだったようですが)

リフトを降りた後、天気が悪化するのを懸念して、私たちは山頂(1625m)ではなく、すぐ近くの鳥海山(1502m)までハイキングをして、帰ってきました (周りのひとたちは子どももシニアも皆平気そうに山頂を目指していましたが・・・) 。 帰り、リフトで下山しているとき、ポツポツと雨が降ってきました。

雲がかかっていると空気の流れがよくわかり、谷筋を上がってくる空気と、尾根を這い上がる空気がぶつかっているところとかが観察されました。 

d0021097_2232772.jpg

↑岩木山に向かう途中に弘前市石川から撮影。 なんと、これから登ろうとする山にもくもくと立派な入道雲が!


d0021097_22334029.jpg

↑↓迫力あります!

d0021097_22335871.jpg

d0021097_2237338.jpg

↑斜面を這い上がる雲

d0021097_22375178.jpg


観測記録
時刻:10:45
場所:8合目駐車場
天気:晴れ
雲量:8
雲:8Cu , CH= x, CM= x , CL=2

時刻:11:00
場所:9合目(リフトを降りた場所)
天気:曇り
雲量10-
雲:10-Cu , CH= x, CM= x, CL=2

雲の状態は刻々と変わりました。下層雲は、中程度以上に発達した積雲~初期の積乱雲と思われます(CL=2または3)。当日は下層雲が8割~10割を占める状況であったため、中上層雲は不明でした。
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-30 23:59 | お天気

北東北の新聞リンクを作成しました。

地域のことは地域の新聞でしか報じてくれません。
ということで、北東北のことを知りたいときは地方紙を見よ!ということで新聞サイトのリンクを作成してみました。それから、地域だけでなく、私がたまに訪問する海外のニュースサイトも集めてみました。 まだ思案中ですが、北東北の各種地域情報サイトもリンクしたいなと考えています。

こちらからどうぞ
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-26 23:59 | 地元ネタ

地域防災について一緒に考えてみませんか

気象予報士そして防災士であるYTです。
市民レベルで地域防災について理解を深め、地域の防災・減災に何か役に立てることはないかと考えているのですが、同じような考えをお持ちの気象予報士、防災士または取得予定の方はいらっしゃいませんか? 秋田県大館市または近隣の仲間でサークルを立ち上げ活動していければと思っております。

気軽に声をかけてください!
ご連絡はこちらまで
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-20 23:59 | 防災

台風13号の接近に注意!

14日18時現在、日本の南海上(北緯20度)を強い台風13号(Shanshan)があり西進しています。 明日15日には、北寄りに進行方向を転向させ、本州に向かって北上する気配をみせています。


d0021097_21355895.jpg

図 中華民国(台湾)中央気象局による台風予測 9/14 20:00発表


日本気象庁の台風モデル、RSM, GSM, 米軍、韓国、中華民国台湾の6種類の天気図による台風の進路予測を見てみると、モデルによって進路コースにばらつきがあり、接近時刻もまちまちになっています。

現時点での情報によれば、北東北への接近は18日~19日ごろと見込まれています。3連休の最終日~連休明けに接近する可能性があるため、関係機関や各施設は15日金曜日までに、事前対策や連絡体制の確立をしておくことがベターです。

参考までに、台風情報の入手先をご紹介します。

日本気象庁
台風経路図、台風の暴風域に入る確率、台風に関する情報(全般台風情報)を入手できます。
72時間先までの予測が発表されています。

アメリカ軍合同台風センター(US Joint Typhoon Warning Center)
120時間先までの予測が発表されています注)最大風速は1分平均風速の最大です。

韓国気象局72時間先までの予測が発表されています。

デジタル台風台風に関する総合的な情報を入手できます。リアルタイム情報のほか過去情報も入手できます。

中華民国(台湾)中央気象局

警報・注意報都道府県を選択してください。

気象情報実況と今後の見通し、量的予測、防災事項など詳細な情報が記載されています。都道府県を選択してください。
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-14 23:59 | お天気

桜の木が紅葉?

市内の桜の葉が所々色づいてきています。ある狭い範囲の1本や2本だけでなく、市内外の広範囲にわたってみられるようです。これは、9月5日撮影の写真です。
d0021097_2253861.jpg

通常の紅葉としては早すぎます。原因は何でしょうか?

地元紙にもこれについての記事が載っていましたのであとでレポートしたいと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-14 23:58 | 生物・季節現象

川面に映る夕焼け

12日夕方は夕焼けがきれいでした。 南西~西~北西~北~北東にかけて上層雲が赤く染まっていました。川面も赤く染まっていました。
d0021097_2157226.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2006-09-12 23:59 | 自然

季節は秋へ向かっています

9/1~9/6の当地の最低気温は13-16℃台、朝涼しく快適な季節となってきました。

日の入りがめっきりと早くなってきましたが、夜、窓を開けていると外から美しい虫の鳴き声が聞こえてきます。いろいろな種類の虫が鳴き声を奏でているので、そのハーモニーは、とても心地よく、子供が寝た後、思わず聞き入ってしまいます。

それはそうと、ここ1、2週間でトンボが里に下りてきているようです。
空を見上げるとトンボの数が着実に増えています。
もう少しすると、青空をバックにトンボの大群が見られそう。
楽しみです。

毎日毎日、季節が移行しつつあるのが体感できます。
秋へ向かう季節の変化には「わび」「さび」が感じられます。趣があります。

d0021097_22512112.jpg


d0021097_22512979.jpg


図 最近の空(写真とこの記事は特に関係ありません)
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-07 23:59 | 自然

肌寒い一日

前日夕方の天気予報(気象庁発表府県予報)では5日の秋田県内陸地方は、晴れ時々くもり 降水確率20%(0-6,6-12,12-18時)、予想最高気温29℃でしたが、なんと、実際は時折雨が降り、肌寒い一日となってしまいました。

d0021097_23172936.jpg
 図 アメダス気温分布2006/9/4 11:00JST 気象庁HPより

青森県~秋田県内陸北部は昼前の11時で15℃~19℃と20℃を下回っており、肌寒かったです。午後になって20℃~23℃まで上昇しましたが、予想最高気温は、6℃から8℃くらいもはずれてしまったようです。
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-05 23:23 | お天気

盛岡地方気象台見学

気象予報士会仙台支部の行事の一環として、盛岡地方気象台を見学してきました。仙台からだけでなく、青森、秋田、岩手など北東北全域から参加がありました。

当日は、気象台の方から防災に関する講義や予報士会仙台支部の会員から話題提供があり質疑応答を含めて大いに盛り上がりました。

現場の前線で気象と防災に向き合っている職員の方々からお話を聞けて、とても参考になりました。また、岩手県をはじめとする東北全般の気象やその他の発表も、とても興味深く拝聴させていただきました。
関係者の皆さん、どうもありがとうございました。

d0021097_22125912.jpg
図 地上気象観測露場 左:積雪深計、右:温湿度計 
注)勘違いしている方が多いと思われますので一応書きますが、写真にあるとおり、国内の気象台では百葉箱は使用していません。

d0021097_22131430.jpg
図 気象台構内から市街地を見下ろした構図。気象台は見晴らしがとてもよい小高い丘の上にあります。

d0021097_22201514.jpg
図 気象台現業室
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-02 23:59 | お天気

はてなサイエンス結果報告

先週末、小学生向けのお天気教室を行いました。
テーマは温度と雲です。

温度とは何か?温度とは、分子や原子がどれくらい動いているかということだと説明したかったのですが、小学生ですから、そもそも分子や原子という概念も知らないわけで、この世の中にある物は、机でも、人間でも空気でもぜーんぶ、目に見えない小さなつぶつぶでできているんだよ!ということから話はじめました。「何でもつぶつぶでできている」ということにとても驚いていたようでした。

つぶつぶが動かなくなると温度はなくなるんだよ。それより低い温度というのはありえないんだよ。と絶対零度のことを説明しました。

ちょっと難しかったかな? 

その後、放射温度計であちらこちらを測ってもらいました。日向と日陰の温度の違い、車の中の温度など。
日向のアスファルトは50度、車のダッシュボードは80度もあり、予想以上に熱くて驚いてたようでした。

次は雲。この日は天気がよくて快晴に近い感じ。会場は住宅街の中にあるため見晴らしがあまりよくなく、開けた方向の地平線上にだけ少し雲が見えました。 雲があるのは、山の上だ!と気づいた子供もいました。
鋭い観察眼です。

雲の観察は、また別の機会にでもやってみたいと思います。



d0021097_2255139.jpg
図 子供たちが、日向と日陰の地表温度を測定している様子
[PR]
by yt-otenki | 2006-09-02 23:58 | お天気