北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ソメイヨシノのさくらんぼ

下の写真は、ゴールデンウィークに花を咲かせて、私たちを楽しませてくれた、ソメイヨシノのさくらんぼです。先週くらいから実がなっていました。
d0021097_21151593.jpg

↑2006/6/29 長木川土手のソメイヨシノ
結構大きな実がつくんですね。今まであまり気にしたことがなかったです。

それはそうと、私はソメイヨシノではなく、食用のさくらんぼ狩りに行きたいです。
この辺だと青森の名川や岩木山山麓の果樹園が穴場ですが、岩木山山麓の果樹園は、さくらんぼ園があまりに広大でびっくりしました。 
さくらんぼだけでなくイチゴやブルーベリーその他、各種の果樹が春から秋まで楽しめるので、最高です!

今年はこどもが小さいので無理ですが、来年はいけるかな?
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-30 23:59 | 生物・季節現象

気象庁の緊急地震速報 

「10秒後に、震度5強程度の揺れが来ます!」

これが、気象庁が試験提供している「緊急地震速報」のイメージです。

一般家庭へ実用化されれば、大きな揺れが到達する前に、火を消したり、机の下に隠れたり、心の準備をすることが可能になります。

また、満員電車においても、地震速報を受けて、乗客が意識的につり革にしっかりとつかまれば、乗客が一定の側へ流されたり飛ばされたりする割合を減らすことができ、負傷者を減らせるであろうとする先生もおられます。
 
気象庁は、2004年2月から「緊急地震速報の試験提供」を行ってきました(2006/5現在290機関が対象)が、今年の8月からは、「緊急地震速報の先行的な提供」を開始する予定です。

鉄道、エレベーターの制御、工事現場の訓練された作業員の安全確保など、現時点で混乱なく活用される分野に対して、希望者に提供するとのことです。

これにより、「試験提供」ではなく、「先行的な提供」として、将来の不特定多数への一般提供へ向けて、一歩前進することになります。

参考までに下記をご覧ください。
緊急地震速報とは?(気象庁)

この先行的な提供期間においては、不特定多数の方への情報提供はを行わないとしていますので、8月以降もまだしばらくは、テレビやラジオなどで、「10秒後に、震度5強程度の揺れが来ます!注意してください!」 などの情報をお目にすることはないでしょう。

速報の精度が保証され社会の受け入れ態勢が整えば、将来は、テレビ、ラジオはもちろんのこと、人の集まる所、各事業所、駅、学校、グランド、公園、商店街、海岸などにおいても、このような情報が流れるようになることと思います。何年後になるかは分かりませんが。

また、さらに進化して洗練されてくれば、個人の腕時計、壁掛時計、家庭の電話機、携帯電話、家庭の煙探知機などに、気象庁の地震速報を受信する機能を付加し、音声で知らせることも可能になるのでははないかと思います。防災立国としては、なるべき姿ではないかと思います。今後10~20年で、ここまで行けるかな?
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-22 23:59 | 防災

北東北も梅雨入り。そして雪面に霧発生!

6/15北東北も梅雨入りしました。

ところで6/15夕方、川原の雪捨て場付近がもうもうと白くなっているのを遠くから発見して、近づいてみると、雪土砂表面付近から霧が発生していました。

暖かく湿った空気が流入して、それが冷たい雪面に触れたため、霧が発生したものです。


d0021097_22194914.jpg

↑2006/6/15 大館市長木川河川敷 雪捨て場 雪解けを進めるため、時々重機で攪拌しており、急激に雪の高さがなくなってきました。(雪捨て場としての借用期限が迫っているため、急いで雪を解かそうとしているようですが、残土やゴミの処理が大変そうです。) この河川敷は、7ヶ月以上雪の下敷きになっており、地温がかなり低下していると思われますが、雪がとけると、今度は突然真夏の気温と強い日射にさらされることになるので、夏~秋にかけて、周辺の動植物にどのような影響が出てくるのか興味深いところです。7月になってからフキノトウとか、つくしとか出てくるのでしょうか?

18時の気温は21℃、相対湿度を75%とすれば、水蒸気量は14.7g/m3になります。この条件では、空気がこの水分を気体として保持できうる最低の温度は17℃(これを露点温度という。)ですので、それ以下の気温になれば、水分は気体ではなく、潜熱を放出しながら液体へと相を変えなければなりません。いわゆる凝縮です。ここでは霧の発生になります。 
この写真で、もやもやしたところは、雪によって17℃以下に冷やされた空気の部分に相当します。

空気中の場合は霧となりますが、冷たい固体でも同じです。17℃以下の物体(例えば氷水を入れたグラスなど)を持っていれば、それには結露して、水滴がつくことになります。
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-15 23:59 | お天気

防災

先日、防災に関する研修を受けてきました。
防災分野の著名な先生方から講習を受け、避難所運営の机上演習なども行ってきました。

自然災害にはいろいろな種類があります。風水害などは予測がつきますが、地震などはいつ、どこで、そのくらいの規模で起きるかはわかりません。
普段から心の準備と備えをしておきたいものです。

また発災時は平時とはことなり、救急車も消防車も助けにきてくれないことを肝に銘じるべきです。同時多発的に火災などが発生するため、消防署の処理能力を超えてしまうからです。
道路も火災や破壊などで車両が通行不能になっていることも想定されます。

「自分の身は自分で守る」これが基本です。自分が無事でなければ子どもも家族も助けることはできません。

発災直後は、消防も警察も行政も機能しません。助けにはきてくれません。
阪神大震災で助かった人の大部分は、家族や近隣の人々に助けられています。

「まずは、水と乾パンを用意しなければ!」
これは、間違いのようです。ほぼ全ての先生方が言及していました。

1日や2日満足に食べ物を食べなくても、なんとかなる。 それより大事なことは地震の揺れそのもので、家屋が倒壊したり家財が倒れたりして、致命傷を負わないようにすること。
当たり前の話ですが、地震直後に命を落としたり、動けなくなったりしては、水と乾パンどころではないからです。

具体的には新耐震基準が施行された1981年以前の建物で、耐震補強をしていない建物は大地震では倒壊する可能性が高いため既存不適格とされています

また、たんすや本棚などの家具を固定していないのも危険です。想定していない重いもの、グランドピアノなどが飛んでくることもあります。寝室などは、家具などが飛んでこないように、特に注意して、家具を固定して置いた方がよいでしょう。


北東北でも、地震、津波、火山、風水害、なんでもありえます。
今後、北東北で起こりうる災害について、考えていきたいと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-13 23:59 | 防災

SSI と K-index

6/7は、当地方上空を寒気を伴った気圧の谷がが通過したため、大気の状態が不安定となり、東北地方の広い範囲で、雨や雷となりました。各地に大雨や洪水に関する警報が出されました。

テレビなどで、「大気の状態が不安定なので、激しい雨や雷に注意」などとよく聞きますが、この「大気の状態の安定度」については、いくつかの指標があります。

たとえば、SSI(=Showalter Stability Index=ショワルター安定指数) やK-Indexなどです。
韓国気象局のHPでは、SSIやK-Indexなどをカラー図面で見ることができます。(日本のHPで無料で提供している所は私は知りません)。また、アメリカのワイオミング大学HPでは、高層気象観測を行っている世界各地のSSIやK-Indexを計算して出力してくれます。東北で高層観測を行っているのは仙台管区気象台と秋田地方気象台、そして三沢基地の3地点ですので、それらのデータをテキストや図として出力させることができます。驚くことに1973年以降今日までのデータを出力させることができます。

上記の指標は、国内のHPではなかなか入手できないので、気象事業者以外の一般ユーザーは、これらのデータを上記サイトなど海外のHPへ見に行かなければなりません(悲)。

6/7は、東北地方のSSIはマイナスとなっているところもあり、安定度がとても悪くなっていました。

d0021097_236301.gif

Fig. 各種天気図。Korea Meteorological Administration 2006/6/8 0900JST
図はクリックすると大きくなります。上から2段目の左側がSSI、右側がKーINDEXです。
着色部分が安定度の悪い領域です。6/8は上空の寒気も東北の東海上に抜け、安定度もよくなりました。(6/7の図をご紹介できればよかったのですが・・・)

対流性の強い雨、雷の可能性は、これらの指標で判断できる場合が多いので、参考にしてみてください。

気象事業者から天気予報を購入されている方は、発雷の有無が心配な時は、気象事業者にSSIはいくらなのか? と聞いてみるといいかもしれません。
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-08 23:59 | お天気

東北地方内陸部で夕立発生!

東北地方日本海側内陸部に積乱雲発達、一部地域で大雨!

d0021097_2323054.jpg

↑ 2006/6/6 16:00 レーダーアメダス解析雨量図    気象庁HPより


今日は下の3条件が揃っていたようで、大気の状態が不安定となり、内陸の山沿いでは14時ごろから積乱雲が発達して、夕方には、一部地域で強い雨が降りました。

①下層が湿っている 
②よく晴れて日射がある
③上空に寒気が入っている

夏の夕立の発生場所はだいたい決まっています。
海上ではなく、内陸の山沿いが多いです。 はじめは綿雲のような小さな雲ですが、上へ上へと、雲がもくもく発達していきます。そしてある程度まで発達すると雨、風、雷、雹などをもたらします。 次に問題となるのはその雨雲の進路です。 これはおおよそ上空の風に流されていきます。上空500hPa(上空5500m付近)の天気図などで中層風の風の流れを掴んでおけば、おおよそ推測できます。 

例えば○×山系で積乱雲などの雨雲が発生したとすれば、上空の風が西よりであれば、○×山系の東側へ降雨域が移動し、北よりの風であれば○×山系の南側へ降雨域が移動することになります。 
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-06 23:58 | お天気

ストーンサークルに内暈(22度ハロ)出現! 

今日は、子どもを連れて秋田県鹿角市大湯のストーンサークル(環状列石)遺跡に行ってきました。この遺跡には諸説あるようですが、私たちの行った時にはUFOはでませんでした(笑)。かわりに、内暈(22度ハロ)を見てきました。

木の下にレジャーシートを敷いて青空を眺めていたら、視界の北側に巻雲(上層の薄雲)が・・・
この雲が太陽にかかればハロが見えるな~と思って、待っていたら、10分後くらいには、目論見どおり、太陽のまわりにハロが出ました。(今日の上層は北西風だったようです。)

遠くの地平線上(芝生)をよくよく見ると、空気がゆらゆらと揺れています。道路だけでなく芝生の上でも陽炎が見えました。6/3 14時の気温は21℃、芝生表面は約35℃(放射温度計による)でした。

参考までに、駐車場アスファルトは45-50℃、1時間停車した車内のダッシュボードの上は74℃でした。

世の中には、車内に子どもを置いて買い物に行く人がいるようですが、車内は灼熱地獄です。ひとたまりもありません。

d0021097_22313016.jpg

↑ 内暈(22度ハロ) 秋田県鹿角市大湯(ストーンサークル環状列石) 2006/06/03 14:00

d0021097_22343220.jpg

d0021097_22335529.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2006-06-03 23:59 | 大気光象

ソフト2_陽気な母さんの店(大館市十二所)

大湯へ向かう途中、陽気な母さんの店でソフトを食べました。ここの名物はゴマソフトです。
すっきりとして、おいしかったです。

d0021097_2245986.jpg

↑ゴマソフト 秋田県大館市十二所の陽気な母さんの店 

ここでは、産直販売のほか、農作業やきりたんぽ作り、その他各種の体験学習ができます。
この日は、札幌市の中学生らが体験学習に来ていました。
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-03 23:58 | 今日のソフトクリーム