北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

カテゴリ:天文( 10 )

冬の夜空

冬の夜空の代表はやっぱりオリオン!

かねてから撮影したいと思っていましたが、なかなかタイミングが合わなくてできずにいました。

時間の関係で、星空の写真を撮るチャンスは年に2,3回くらいしかありません。今回は、なんとか晴天の日を見つけて敢行することができました。撮影は2月下旬です。


まずは広角で、シリウスからプレアデス星団(昴)まで
d0021097_035995.jpg




次にオリオン座とその周辺を
d0021097_033936.jpg



最後に、三つ星とオリオン大星雲M42を撮ってみました。
d0021097_031061.jpg


次は、夏の天の川と秋のアンドロメダ星雲を狙いたいですね!
[PR]
by yt-otenki | 2014-03-12 23:59 | 天文

2012 cairns total solar eclipse/ケアンズ皆既日食 #1

今年も残るところあと2日。

今年、日本では5月の部分日食(最大食分8割以上)から始まり、金星の日面通過、月食など、天文現象が相次いだ天文当たり年でした。

そんな中、古巣・豪州のケアンズで皆既日食があるとのことで、人生初の皆既日食体験をしてきました。航空チケットは半年前に予約したものの、直行便は既に満席で、成田からケアンズまで片道3路線乗り継いでのタフな旅に。 行きは自宅からホテルまで片道37時間もかかりました。

皆既日食は息を呑むような体験でした! 太陽がすっぽりと月に覆われると、空が急速に真っ暗になり、星が見え出してくるのでした。

ところが、非情なことに、2分5秒の皆既時間だけは、太陽はずっと雲に覆われてしまい、実は、ダイアモンドリングもコロナもプロミネンスも見れなかったのでした(泣)。

(天気は、基本、空の半分くらいは晴れているのですが、太陽のある方向にだけ、雲が次々と発生して、それが私たちの方向に流れてくる状況下だったのです。)

まあ、それにしても、本来明るいはずの空が急速に真っ暗になり、水平線上が夕焼けのように赤く見える体験は、とても神秘的で、あたかも物語の中のワンシーンに自分の身を置いたような感覚にとらわれます。何ともたとえがたい、この不思議な世界の体験は、一生脳裏に焼き付いて離れないことでしょう!

コロナが見えたら、感動のあまり身震いしていたかもしれないですね。リベンジしたいものです。

皆既日食体験、みなさんにも、自信を持っておすすめします。世界観が変わるかもしれません。

今回の日食の動画を2本作ってみたので見てみてください。


1.タイムラプスムービー(30秒インターバル)
http://youtu.be/eZJFEoSeiYw
2012 Total Solar Eclipse - Wangetti Beach, North of Cairns, Australia / ケアンズ日食




2.動画撮影
http://youtu.be/Omxu22fMpqg
Cairns Total Solar Eclipse - 360 deg view of Wangetti Beach during the totality / 日食風景360度
2分間の皆既中に撮影した動画です。 水平線上は夕焼けのように見えます!


写真などはまた後日アップします。
[PR]
by yt-otenki | 2012-12-29 23:23 | 天文

大館の日食 #4

5月21日の日食時に大館市内で照度と気温を測定しました。
結果は下図のとおり。(最大食分0.886 最大食分時刻7:43)
d0021097_0352343.png

d0021097_0361617.png


照度計の​指示値を見ていると、表示が更新されるたびにずうっと下がりっぱ​なし、ピークを過ぎると、ずうっと上がりっぱなしになって、これ​が日食なんだぁと実感しました。

また、気温のほうは、朝​方ですし1.5mの高さではほとんど影響を受けないと思われたの​で、日射の影響を受けやすい地表面すれすれの地上高3㎝(芝生上)で測って​みました。食分が大きくなるにつれ、気温は確かに低下しています。最低値は、最大食分時よりやや遅れているようです。多くの人が気温の低下を体感​したと言ってました。

次回は、食が始まる前から、きちんとデータロガーを作動させて観測してみたいと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2012-06-03 23:59 | 天文

大館の日食 #3

おもちゃの双眼鏡を反対向きにして投影すると、こんなにはっきり見えました。
一番欠けたときにやるのを忘れ、終わりごろになって思い出しました。惜しい!
d0021097_063281.jpg


段ボール紙にピンホールを開けて、投影する方法も試してみました。
こんな感じで実験。↓
d0021097_0111237.jpg


結果はこれ↓ 欠けている太陽が穴の数だけ映し出されています。
d0021097_01137100.jpg

ただし、反省点大有り。ピンホールはしっかりと開けたほうがいいです。段ボールではなく、固くて薄い板状のものに、しっかりと穴をあけたほうがはっきりとわかると思います。次回に生かします。



そして、同じピンホールの原理ですが、木漏れ日も撮影してみました。
これは三日月上に欠けているとき↓
d0021097_0202032.jpg


これは丸くなってきたとき↓
d0021097_0214159.jpg


木と路面との距離及び葉の重なり具合が微妙でシャープには太陽の形が路面に映っていませんが、上と下の写真で、なんとなく違いがわかりましたでしょうか?
これも、事前に入念なリサーチが必要です。
ちょうどよく木漏れ日のピンホール画像を路面に映し出す場所を入念にチェックする必要ありでした。これも今回の反省点。

続く

*日食の投稿は後2回続く予定です。
[PR]
by yt-otenki | 2012-05-28 23:59 | 天文

大館の日食 #2

21日の日食について、食分が最大になった7時43分前後の写真を使用して動画にしてみました。
見かけ上、太陽が左下から右上に、月は太陽に対して、右から左へ動いていく様子がわかります。


[PR]
by yt-otenki | 2012-05-22 23:13 | 天文

5月21日の日食(速報)

今朝の日食の写真です。最大食分0.886.
定休日かつ快晴という絶好の観測条件下、日食の撮影のほか、照度と気温(地上3㎝)も行いました。詳細は
後日アップします。観測は、前半の途中から開始したたため完全なものではありませんが、照度の低下や気温の低下がグラフから読み取れます。
d0021097_16383899.jpg
 
撮影:2012.5.21 7:43 JST @ODATE
[PR]
by yt-otenki | 2012-05-21 16:38 | 天文

いよいよ日食が近づいてきました

5月21日朝は日食が見られます。
大館市では、最大食分が8割以上のものは64年ぶりです。
こんな機会は滅多にありません。ぜひ観察しましょう。

もちろん、太陽をじかに見てはいけません。最悪失明に至る恐れもあるので、専用の日食グラスを使うか、ピンホールを利用して見るとかすることが大事です。

肝心の天気ですが、気象庁GSMの計算初期値5月19日15時(JST)による全雲量予想図や降水予想図(5月21日7時(JST)向け)によると、東北北部(40°以北)はOKです。 ただし、関東から東海は雲量が多く、沿岸では降水が予想されているところもありで、微妙な感じです。 

関東の予想は、昨日の予想より悪化していますが、まだあきらめてはいけません。明日の予報はまた変わるかもしれません。

と、いっておきながら、上京を計画していた私は、天気+その他複数の理由で、地元に残ることになりました。


NASAのsolar eclipse explorer で計算したところ、大館郷土博物館の位置での日食時間は下記のとおりです。

食の始まり:6時27分31秒ごろ (太陽高度23度)
食の最大 :7時43分53秒ごろ(太陽高度37度)
最大食分 :0.886(面積比では約83%)
食の終わり:9時12分01秒ごろ(太陽高度54度)

ちなみに、8割以上がかける日食の次回は、2030年6月1日(最大食分0.897)です。

参考までに、大館で見られた前回の皆既日食は1742年6月3日、金環日食は1252年3月12日。
次回見られる皆既日食は、2361年3月8日、金環日食は2231年3月5日です。

相当レアな現象であることがわかります。

21日朝の日食時、生物が戸惑って、何らかの変化が現れたりするでしょうか?観察してみると面白いと思います。鶏が鳴くかどうか、開いた花が閉じるかどうか、など。
[PR]
by yt-otenki | 2012-05-19 23:35 | 天文

皆既月食

今日は皆既月食の日。
皆既が終わり、部分食になったところを10分ほど観望。
残念ながら上層に薄雲が広がっていたため、ややぼんやりした感じに見えました。

d0021097_23584427.jpg

拡大するとこんな感じ。
d0021097_053122.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2010-12-21 23:59 | 天文

19年ぶりに満月の七夕

今日、知り合いのお天気キャスターの方から教えていただきましたが、今年の七夕の夜は、19年ぶりに満月になるんだそうです。 満月の七夕は希少だとみるか、満月で星が見えなくなってしまうと見るかは、見方はわかれると思いますが、何はともあれ、一年に一度、七夕にまつわる伝説に想いをめぐらしてみるのも乙かなと思います。

七夕は、英訳すると、Chinese Valentine's Day です。 中華圏(圏内であても、国や地域によってかなり違うかもしれませんが・・・)では、どのように祝っているのでしょうかねえ。関心のあるところです。
 
中華圏では、中国暦で祝うので、今年は8月26日が、七夕/Chinese Valentine's Day にあたります。

日本では表向きは7月7日ですが、地方では、たとえば私が子供のころは、七夕祭りといえば8月7日にやっていましたね~。
[PR]
by yt-otenki | 2009-07-06 23:59 | 天文

7月22日の日食について 北東北

前回、日食情報を流すと言っておきながら、忙しくてなかなかPCを開けずにいましたが、とりあえず絵もないテキストだらけのページをつくってみましたので、ご紹介します。
こちらをクリックしてください。

詳しいことは、上記リンク先を開いていただくとして、大館(市役所本庁舎の位置)での日食の時間は次のとおりです。

2009年7月22日
食の始まり  10:00:11
食の最大   11:10:54
食の終わり  12:21:38
最大食分    0.598

西の方ほど早く日食が始まります。
能代は大館より約1分早く、月の影に覆われ始めます。
[PR]
by yt-otenki | 2009-06-04 23:59 | 天文