北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

カテゴリ:お天気( 150 )

氷のイソギンチャク?

当地では11/19から雪が降っており、一面真白の雪景色となりました。
日中、軒下に、氷のイソギンチャクができていました。
屋根から落下した雪解け水が、地面にあたってはね返り、そのしぶきが地表の冷たい植生にぶつかって、凍結したものと思われます。


d0021097_21524774.jpg

d0021097_21531687.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2008-11-20 23:59 | お天気

記録的な少雨!

大館の4月の月降水量は、30mmでした。

これは平年値116.8mmの26%でしかありません。平年の4分の1しか雨がふりませんでした。1月から3月にかけても、降水量は、平年よりかなり少なく経過しており、小さな支川などでは水量も僅か。田植えのこの時期、末端まで水が届くのか心配されるところです。

大館の4月の雨が30mmとは、どのくらい少ないということなのか、以下の2つの資料から探ってみました。

その結果、これは過去100年に経験したことのないような極めて稀な記録であることがわかりました。

1. 気象庁アメダス
気象庁アメダスでは1977~2008の4月の記録が公開されています。
2008年は、この32年間の中で、最も少ない記録でした。

2. 秋田県気象90年報
この資料には県内の気象観測所で観測されたデータが掲載されており、観測期間は1896年から1975年の90年間です。大館の4月の月降水量は、欠測が6回 (1896, 1898, 1901, 1902, 1903, 1907 ) ありましたが、それを除く84年間のどの年と比較しても2008年の記録のほうが少なくなっています。

以上の1と2の結果及び1と2の挟間で観測値が不明な1976年を組み合わせると、次のようになります。

2008年の大館の4月の月降水量「30mm」は、これまでの112年間(1897~2008年)で最も少ない、極めて稀な記録でした。ただし、欠測及びデータ未入手は、1898,1901,1902,1903,1907,1976の6年分です。


気象庁アメダス大館の降水量の経過

1月    45mm (平年比49%)
2月 55mm (平年比76%)
3月 59mm (平年比67%)
4月 30mm (平年比26%)
5月上旬 15.5mm (平年比32%)


この先、雨が降ってくれればいいですが・・・・。



下の写真は、記事と関係ありません。
市内の長走風穴(標高200m前後)から吹き出す冷気の届く範囲に生息しているコキンバイです。
d0021097_21132284.jpg

d0021097_21134056.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2008-05-12 23:59 | お天気

今年は雪が少ない・・・

週末、穴を掘り、ついにかまくらが完成しました!
d0021097_22365078.jpg


2/4はとてもよい天気でした。天気予報では雪の予報でしたが、大館では朝からずっと青空が広がり、予報とは正反対の天気となりました。(秋田県内陸北部の鷹巣~大館~鹿角の諸盆地は、冬場、秋田県内の他地域に比べて、比較的晴れやすい特徴があります。)

今年は雪が少ないな~と皆がいいますが、それもそのはず。
過去30日間の降水量は、平年の半分以下でした!

でも、気温は平年比マイナスなので、降雪量が少ない割には、積雪深はあるようです。

【参考】
気温の30日間(1/5-2/3)の平均値の平年比
弘前 -0.3℃
大館 -0.7℃
鹿角 -1.1℃

降水量の30日間(1/5-2/3)の合計値の平年比
弘前 50%
大館 43%
鹿角 32%

気象庁天候の状況より
[PR]
by yt-otenki | 2008-02-04 23:59 | お天気

冬らしい天気

24日は低気圧が急速に発達しながら津軽海峡を通過したため、道南や北東北では暴風雪となり、渡島地方では100校以上の学校が臨時休校の措置をとるなど、大きな影響が出ました。また青森県内でも黒石のアメダスで統計開始以来、最大の風速を記録するなど、記録的な風が吹きました。

北東北は、低気圧の中心位置の南側に位置したため、低気圧に吹き込む南寄りの暖気が入り、久しぶりに気温が0度前後まで上昇したところが多く、湿っぽい雪となりました。
(青森市では、1/8以来16日ぶりに日平均気温がプラスになりました。)

マイナス5℃の暴風雪と0℃の暴風雪では、状況がかなり異なります。
気温が低いと、少しの風でもすぐ地吹雪となり見通しが悪くなりますが、24日の気温は0℃前後と高かったため、それがせめてもの救いでした。

この嵐が去った後は、徐々に気温が下がり、いつものように、「雪が降ったり晴れたり」の冬らしい天気に戻りました。

雪が降った後の青空はとってもいいですね。空は青く、また空気は、汚れが落ちてとてもきれいになっているので、深呼吸したくなります。
d0021097_0114037.jpg

冬らしい天気
d0021097_012124.jpg


冬らしい天気が続き、ある程度、雪が積もってきたので、秘密基地はやめにして、かまくらづくりを始めました。

穴掘りは、日中の気温がある程度高くなって、固まってからにしたいと思います。

水分が足りないので、少し散水しようと思ったのですが、ホースの中が凍っていて、水が出ませんでした。残念。
d0021097_0122242.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2008-01-27 23:59 | お天気

1/24-25は、ブリザード注意!

1/24は低気圧が猛烈に発達しながら津軽海峡付近を通過し、その後強い冬型の気圧配置となるため、北日本では1/24-1/25、とても荒れた天気になる可能性があります。
みなさん、天気予報をこまめにチェックしてください!

目の前が見えず呼吸が苦しい猛吹雪になる恐れあり。小学低学年だけでの登下校大丈夫でしょうか?台風以上の風が吹くかも。遭難しないように送り迎えが必要かもしれません。
[PR]
by yt-otenki | 2008-01-22 23:59 | お天気

枯れ木の林は最高

落葉樹の林は冬の間、葉が落ちるので、枯れ木になります。

「枯れ木」ときくと、一見寂しく感じますが、葉がないので、林床にまで太陽の光がさんさんと注ぎ、林内はとても明るくなります。林床には反射率の高い雪が積もっているので、なおさら明るさを増します。

いいですね~。好きです。冬の落葉樹林は、見通しがよく、すっきりとしていて散策に最適です。ノルディックスキーをしている人もいます。澄み渡るような青空だと、とても気持ちがいいです。
d0021097_22114919.jpg


林床で生きる植物は、林内の雪が消える春から、高木の葉が芽吹き生い茂る初夏までが、太陽光を享受できる唯一の時期です。こういった植物は、「積雪量」と「春の気温」の二つの微妙なバランスで、その年の生育の具合が決まるんでしょうね~。 例えば冬の雪が多く、春の気温が高い場合、どういう影響が考えられるかというと、

雪解けが遅れる→地上へ芽が出るのが遅れる→しかし春の気温が高いため既に高木の葉が生い茂っている→林内に太陽光が注ぎにくい→林床の植物は十分な日照を得ることができない。

逆に、冬の雪が少なく、春の気温が低い場合だと、十分すぎる日照があり、全く異なる環境になるんですね。

***************

ここ数日朝はマイナス10℃くらいまで気温が下がっていましたが、今のところ今年は雪は少なく、かまくらは作れそうもありません。今年は秘密基地だけで終わってしまうのかどうか・・・・・・
d0021097_2216752.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2008-01-20 23:59 | お天気

2008年幕開け 雪と遊ぶ

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2008年元旦、朝23cmの降雪で幕があけました。
自宅前の道路には除雪車が来ない(ここ数年来ていないらしい)ので、近所の人とスノーダンプで道路除雪をしながら、新年のごあいさつを交わしました。


雪が降ったら、使わにゃ損損!
融雪なんてもってのほか。私の頭の中は、「遊雪」、「楽雪」あるのみです。
せっかく降った雪資源、利活用しなけりゃ、もったいないしょう!

とはいうものの、柔らかい新雪はさらっとしていて、使い物にならないので、とりあえず庭の雪は一か所に集めておくことに。
d0021097_23491768.jpg

↑2008/1/1


翌2日、雪が少しは固まるようになってきたので、子供の秘密基地を作ってしまいました。
d0021097_23503090.jpg

↑2008/1/2


その後、雪の少ない日が続いていましたが、今日13日、雪が降り、日中晴れたので、近所の秘密の場所に、こどもを連れてそり滑りに行ってきました。
正午の気温はマイナス5度ですが、晴れて、風が弱いため、動いているとそれほど寒く感じませんでした。。
d0021097_23532895.jpg

↑2008/1/13 そり滑りの跡
[PR]
by yt-otenki | 2008-01-13 23:59 | お天気

懐中電灯が必要な日とそうでない日

11-12月、通勤時に、時々懐中電灯を持ち歩いています。

なぜなら、帰宅時に足元が見えないと、勤務先から駐車場にたどり着くまでに、水たまりに落ちてしまうからです。(笑)

市街地なので、上を見ると雲に反射する街の光で明るい感じもするのですが、地表は濡れていると真っ黒ですので、足元は何にも見えません。 恐る恐る足を前に出して、手探り状態で一歩一歩進んでいきます。懐中電灯は必須です。(当地は11-12月、時雨や雪などで未舗装の地表は、乾く日がほとんどありません=地面が湿った状態が継続=地面の可視光における反射率(アルベド)が下がる=地面が可視光を吸収するため、足元が暗く見えにくくなる)

しかし、雪が積もると一転、アルベドが増し、雪明かりで一気に明るくなります。
こうなれば懐中電灯は必要なし! 安心して歩くことができます。
特に、新雪で、満月の夜は、ほんと、本が読めるくらい明るいです!
水たまりも氷結しているので、少しくらい上がっても、バリッとひびが入る程度。快適です。

初冬のこの時期、朝の出勤時に、懐中電灯を持っていくべきか否か、毎朝ささやかな賭けをしています。

【ポイント】
11~12月は、夕暮れが早くなり、時雨や雪解けで常に地面が湿tり、アルベドが低下するため、一年で最も、通勤時に足元が暗くなり、懐中電灯が必要な時期のようです。

しかし、12月も後半に入り、根雪になると、一転、一年で最も足元が明るい時期を迎えます。
春先までは安心できます。

早く根雪になって欲しいです。
[PR]
by yt-otenki | 2007-12-19 23:59 | お天気

横手は、100年に1度か2度の大雪でした。

秋田県横手市のアメダス(標高59m)では、11/23 8:00に積雪深が65cmを記録しました。
これはアメダスの積雪観測期間(1979/11-2007/11)の29年間で、11月としては突出して多い1位の記録でした。

これまでのアメダスの11月の記録は下記のとおりです。
1位: 38cm 1985/11/30
2位: 34cm 1983/11/28
3位: 30cm 1998/11/21
(気象庁HPによる)

これまでの記録38cmを一気に27cmも上回り、65cm!

新聞などでは「過去最高」などの文字が躍っていましたが、この30年弱の短い期間で「過去最高」という表現は、いささか大げさではないかと思いつつも、一気にこの30年弱の最高値の倍近い記録であったため、参考までにアメダスの観測が始まる以前の記録を調べてみました。

そしたら、1891/11-1975/11の85年間の11月の記録は以下の通りでした。


1位: 70cm 1948/11
2位: 60cm 1892/11
3位: 52cm 1970/11
(秋田県気象90年報による)

これを組み合わせると、1891-2007の117年間(ただし、1976-1978の3年間のデータなし)で、今回の大雪は、11月としては第2位の記録であることがわかりました。


1位:70cm 1948
2位:65cm 2007
3位:60cm 1892

これはまさに、100年に1度か2度の大雪であることがわかります。
一生に一度経験するかしないかの頻度です。

よって、これは確かに、新聞で大きく報道されるに値した大雪であったと言えます。


余談ですが、ここで注意しておきたいことがあります。新聞では横手の大雪のみが取り扱われていますが、秋田県内で、横手で雪が一番多く降っているわけではないことです。たまたま気象庁の公式観測点がそこにあるからその記録が報道されているということです。県の観測によると、東成瀬など近隣の町村では、もっと多くの積雪が観測されていました。

また、2年前の豪雪時に新潟県津南町の大雪が全国ニュースで頻繁に取り上げられていましたが、これも上記と同じく、気象庁の観測点がたまたま津南にあったために、「津南」という地名が全国にとどろきわたる(米国でも"Tsunan"が報道されていた)のであって、気象庁以外の県などの観測によると、実際は、津南よりも多く雪が降り積もっているところもあるのです。これらの観測点の値は、マスメディアでほとんど取り上げられることはありません

それを考えると、公式観測点があるかないかで、マスメディアでの扱いに雲泥の差が出るわけですから、災害時等に的確に状況が全国に速報され、理解や支援を受けやすくするよう、地方自治体や関係機関は、戦略として、気象庁の公式観測点を誘致するなどの方策も考えられなくはありません。 

ps.
私の在住市(県内第2位のDID人口あり)は、2年前、戦後最大級の豪雪に見舞われましたが、気象庁の積雪観測点がないため、当地の積雪状況が全県にきめ細かく流れることはありませんでした。当地にとっては相当なインパクトをもたらした豪雪でしたが、アメダスの積雪観測点がないがために、客観的な情報が全県に瞬時に伝わることもなく、このインパクトの大きさを理解してもらえない(地元の人ですら、当市にとってどれほどインパクトの大きい豪雪であったのかということが客観的に理解されていない)という状況があるわけです。

気象庁の公式観測記録がないということが、当市にとって大きな損失であることがあらわになった事例でした。
[PR]
by yt-otenki | 2007-11-24 23:59 | お天気

寒波襲来

いや~ 寒いですね。
仕事への行き帰りの路面は、てっかてか。
大館~鹿角では、11/22 15:00の気温はマイナス3℃台でした!

職場の室温は、今朝1度でした。

昨冬いた職場は、厳冬期に、机の上の温度計がマイナスを示していたこともありましたが、
今の職場は、厳冬期にはもっと寒くなりそうな気配です。
古い建物で断熱性能が低いので、灯油をかなり食いそうです。

ところで、今回の寒波は、11月としては異例の強さです。

11/22 9:00JSTの秋田上空500hPa(地上5000m付近)の気温は、マイナス40.5℃!

マイナス40度は厳冬期でもたまにしかないような低温です。それが11月に現れるとは!

11/22は、北東北のところどころ(平地でも)で、気温が一日中マイナスで、真冬日となっているもようです。

雪も降るところではかなり降っているようです。
11/22 18:00JST現在の平地の積雪は下記のとおり
野辺地 44cm
横手 50cm
山沿いでは1mを超えているところもあります。
[PR]
by yt-otenki | 2007-11-22 23:59 | お天気