北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

カテゴリ:お天気( 150 )

東北地方 やっと梅雨入り

東北地方、今日(6/21)梅雨入り。

秋田県北部内陸地方は、この一か月間、ほとんど雨が降らず、川も干上がり気味でした。

まとまった恵みの雨となって、乾いた大地を潤して欲しいものです。

5/22-6/20の30日間降水量は、大館ではたったの10.5mm。 平年比10%です
平年の1割しか降っていません。
[PR]
by yt-otenki | 2011-06-21 23:59 | お天気

クリスマス寒波襲来 

クリスマス寒波襲来。
北海道の北の発達した低気圧が、どんどん西進して等圧線が込んできました。北日本は地上天気図の等圧線が縦縞ではなく横縞模様。当地では南西から西南西の強い風が時折吹いています。


(今日の昼休み)
今日は一日中下記のような感じでした。気温は昨夕より上昇しています。


風が強くなり、地表付近の雪が舞い上げられ、風上から雪が流されてきました。地吹雪の始まりです。
d0021097_022010.jpg



おっと、地吹雪の中へ車が突っ込んでいきました。恐らく視界はゼロだったでしょう。
d0021097_0223756.jpg



風が強いので雪は積れません。黒っぽく見えるところは雪が積もっていないところです。その代わり氷で覆われています。 雪はとどまることなく、どんどん風下へ吹き飛ばされていきます。
d0021097_02318100.jpg



路面は一面氷で覆われており、車は非常によく滑ります。ブレーキテストをするとABSがガガガガと効いているのがよくわかります。
d0021097_023116.jpg


※今回の寒波では、新潟県中越山沿い(小出~入広瀬)~福島県会津地方でドカ雪となっており、24時間で1m前後の雪が降っているところもあるようです。それに比して中越山沿い南部の湯沢ではほとんど降っていません。風向きの違いが今回の降雪分布に大きく影響しているのかもしれません。北東北では、太平洋側の三戸~岩手県北部で結構降り、豪雪地の横手や湯沢はそれほどでもないようです。
[PR]
by yt-otenki | 2010-12-25 23:59 | お天気

弘前大学理工学部「楽しい科学」

10/24に弘前大学で、弘前大学理工学部主催の「楽しい科学」と「サイエンスへの招待」が開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

理科に興味のある小中学生、将来理系に進みたい高校生は、10/24にぜひ弘前大学に集まってください。
この日は、わくわく、どきどき、一日があっという間に過ぎてしまうことでしょう。

私もこの4,5年くらい参加できるときは参加していますが、今年は、「体験!一日気象予報士」の講座で、講師として協力します。先日打ち合わせに行ってきました。テーマは台風と竜巻。 これまで「大館ときめきサイエンスプロジェクト」で行ってきた台風の出前授業などを発展させるとともに、大学の竜巻発生装置で竜巻を発生させたり、いろいろな実験や実習をする予定です。

この日は大学祭ですので、キャンパスはとてもにぎわっているはず。
キャンパスを歩くと、アカデミックな空気に触れ、学生に戻った気分になれます。

弘大は、大館から車で1時間弱で、最もアクセスがよい国立大です。
ぜひご来場ください!
[PR]
by yt-otenki | 2010-10-16 23:59 | お天気

この夏は暑い! 

この夏はほんと暑いですね!
高温多湿、特に湿度の高さが苦手な私にとって、7月のじめじめさと8月の高温続きに体はもうバテぎみです。

どれほど暑かったかと言うと、この夏、大館では熱帯夜(最低気温25度以上)を2回も観測しています。大館の熱帯夜は2000年8月以来10年ぶりのことです。10年ぶりの寝苦しさを経験したということになります。

まだ8月の統計が出揃っていませんが、29日までの統計では、秋田上空500hPaの月平均高度(21時)は5911mです。このままいけば1957年の観測開始以来、最高値を更新する見込みです。また、秋田上空300hPa面の月平均高度(21時)は、9761mで、これもまた、1957年の観測開始以来、最高値を更新する見込みです。この8月は、上空の安定した高気圧にしっかりと覆われていたことがうかがえます。

8/5 21:00には500hPa面高度が6002mとなり、6000mの大台を突破しました。もちろん秋田上空としては過去最高値です。

8月の統計値が出揃ったら、この夏の天気についてまた振りかえってみたいと思います。
[PR]
by yt-otenki | 2010-08-31 23:09 | お天気

融雪出水に注意

20日夜から21日午前にかけての昇温と大雨により、河川へ大量の雪解け水などが流れ込み、河川は濁流と化し増水が見込まれます。

東北地方の上空(下層)には、亜熱帯並みの暖気(1500mの高度で10℃~15℃)が入る予想となっているため、山岳でかなりの雪解けがありそうです。午後からは一転、寒気の流入が強まり、1500m上空では、夜は朝に比べて20℃も低下する見込みです。

風も強まり、激しい天気になりそうです。

※20日深夜、南風が強まってきて日本海側では20℃を超え、25℃付近まで上昇している地点もあります。秋田県内でも20℃を超えているところがあります。深夜としては7~8月並みの気温です。
[PR]
by yt-otenki | 2010-03-20 23:59 | お天気

天気の移り変わり早し

最近、天気の移り変わりが早く、「暖かくなったかと思えば、寒くなり、また暖かくなったかと思えば、寒くなり」を繰り返しています。

それもそのはず。日本上空の偏西風が強く、高気圧や低気圧が早い周期で日本付近を通過しているのです。17日9:00JST、秋田上空は、5700m~10500mの高さで50m/s以上の強い西風が吹いています。特に、8600mの高さでは、75m/sもの西風が吹いています。空を見上げると、上層雲がいつもより早い速度で流れているのが見えると思います。夏とは大違いです。



仕事帰り。横殴りの雪で、道は真っ白。
d0021097_23433531.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2010-03-17 23:59 | お天気

1/17 冬型緩む 今日は穏やかな天気

今日は1/11以来、6日ぶりに1日当たりの日照時間が2時間を超え、時折、気持ちのよい青空が広がりました。雪は弱まりましたが気温はまだ低く今日で4日連続の真冬日。朝はマイナス10℃まで下がりました。

午後に30分ほど時間を確保できたので、写真を撮ってみました。


d0021097_22543398.jpg

↑雪雲から地表に向かって黒い筋が2本見られます。雪が降っているようです。手前の河川は全面凍結して、その上に雪が積もっています。

d0021097_23044100.jpg

↑久しぶりに気持ちのよい青空が。

d0021097_2256254.jpg

↑緑や赤に染まった雲、「彩雲」が見られました。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-17 23:59 | お天気

寒波襲来。道を歩くと「キュツ、キュッ」と乾いた音が!

今日はこの冬一番寒い「お昼」でした。
大館では、14日正午の気温はアメダスで -5.6℃。 

歩くと、足元から「キュッ、キュッ」 と乾いた音が聞こえてきました。「鳴き砂」の音に似ています。



d0021097_23374240.jpg

画面中央は道路。 相変わらず前がよく見えません。これでも吹雪が収まってきたときに撮影した様子です。


d0021097_23371257.jpg

圧雪道路。氷路面やシャーベット路面などよりは、ずっと走りやすい。 歩くとキュツ、キュッ。


d0021097_2338692.jpg

新雪。さらさらして、乾いた砂糖の山のよう。スコップですくわなくても、ほうきで掃くような感じで雪寄せできます。 ところどころ、きらきらしているのは、雪の結晶からの反射。 結晶の表面が鏡となって照明の光を反射させています。


d0021097_23375520.jpg

おっ、ひとつだけ、よく反射している結晶が!


今回の寒波は、大館では出勤前と退勤前に車に積もった雪を10-15cmくらい払うだけで済んでいますが、大変なのは、新潟県上中越地方の山沿いです。

例えば、アメダス津南では、13日14:00~14日14:00の24時間で積雪深が106cm増加(175cm → 281cm)。 さすが北陸。恐ろしい降り方です。きっと息苦しくなるような圧迫感があったのではないかと思います。 アメダス観測点では津南が雪が多いということで有名ですが、新潟県で必ずしもここが一番多いというわけではありません。松代~松之山、入広瀬~守門など豪雪地帯は、ほかにもあります。新潟県道路情報システムによれば、新潟県内で、すでに6カ所が積雪3mを超えています。

14日は、レーダーエコーは、しばらく上中越の山沿いにべったり張り付いており、長時間強い雪が降りっぱなし。日降水量は50mm以上のところもあります。屋根にはこれまでに積もっている雪に、50mm以上の水分がずっしりと追加された状況になっているので、相当圧がかかっていると思われます。建物被害が心配です。

大館で、厳冬期に「雪」で日降水量50mm以上なんて私は聞いたことがありません。新潟の雪はすさまじい降り方としかいいようがありません。
[PR]
by yt-otenki | 2010-01-14 23:59 | お天気

台風18号は要注意!

日本気象庁によれば、台風18号は10月8日から9日にかけて日本列島を通過する見込みです。日本列島のどこかに上陸する可能性が高いです。 JTWC(米軍合同台風警報センター)、韓国気象局、台湾気象局は、いずれも日本の気象庁より東側のコースを通る予想をしています。

北東北は8日は東風が長く続き(冷たい雨)、9日には北西~西の風に変わり時雨模様(寒い雨)となる見込みです。

台風の中心が当地の西側を通る時にあるような南寄りの生温かい風は今回は吹かない見込みです。

常に最新の情報をチェックするとともに、庭先にある鉢や三輪車など飛ばされそうなものは、早めに撤去しておいた方がよさそうです。隣の家の窓ガラスを割ってからでは遅いですね。

また、農産物なども収穫できるものは早めに収穫しておくのが無難かもしれません。

参考URL
[PR]
by yt-otenki | 2009-10-05 23:59 | お天気

雪、雪、雪

(備忘録) 朝3-5cmの積雪。車から雪を落とし、積雪路面を通勤。除雪。夕方までに花壇の積雪は増え、7cmほど。帰りも車の雪を払い落とす。路面の雪は日中解けたためなし。アメダスによれば、東北地方の平野は大部分で積雪ゼロとなっているが、わが地域は何か別世界のような感じ。
[PR]
by yt-otenki | 2009-03-24 23:58 | お天気