「ほっ」と。キャンペーン


北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

人気ジャンル

カテゴリ:大気現象( 6 )

大館盆地の放射霧 radiation fog in Odate basin

Radiation fog-the symbolic phenomenon in Odate basin

In autumn months, people in Odate basin see radiation fog almost everyday. The top of the mountain you see above the fog in the first picture is Mt. Ohyama, 375 masl. In most cases, the fog is dense around the rivers such as Yoneshiro-gawa river, Nagaki-gawa river, shimonaigawa river. 

秋の放射霧は、大館盆地の風物詩。9~11月は一年で最も霧の多い季節です。
晴れていれば毎日のようにかかります。河川沿いでは濃霧になることが多いです。
朝、山に登れば雲海が見れそうですね!

Morning
d0021097_23491859.jpg



Evening
d0021097_23485619.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2014-09-25 00:08 | 大気現象

主虹と副虹

先日、半円状に虹がきれいに出現しました。
こんなに見通しの良い場所で虹を見ることができたのは、何年ぶりのことでしょう。
半円状の虹の外側(右側)には、主虹とは色の配列が逆の「副虹」も薄く見えています。

とても気持ちがいい虹でした。虹をバックに子どもの写真を撮影しました。
d0021097_2342523.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2010-11-23 23:59 | 大気現象

月暈 (22度ハロ)

2009年11月29日19時30分ごろ、月に暈(かさ)がかかっていました。内暈(22度ハロ)です。色が分離して輪の内側が赤みがかって見えます。
d0021097_22324827.jpg


ちなみに、太陽にかかる暈は日暈と呼ばれています。月暈も日暈も、上層雲が上空を覆っているときに見られますが、月暈の方が圧倒的に遭遇する頻度は低いです。
なぜなら、月は必ずしも毎晩見えるわけではないですし、そもそも夜は外出していることは少ないですから。
[PR]
by yt-otenki | 2009-11-29 23:59 | 大気現象

22度ハロ出現!

今日は日曜出勤でしたが、昼休み、内暈(22度ハロ)が見られましたので、写真に収めました。内側が赤で外側が青です。この季節は南中高度がかなり高いので、見るとき首が痛くなります。内暈の上の方は、天頂付近にあるように見えます。
マイカメラは広角対応ではないので、写真を2枚撮り、合成してみました。

d0021097_2344144.jpg

d0021097_23443265.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2008-06-08 23:59 | 大気現象

珍しい大気光象、環水平アークの季節です。

日中、太陽高度が高くなる季節になりました。
この時期、気象条件が整えば、下記の写真のような環水平アーク(水平環)が見られることがあります。

相当な長さをもっていますので、とても目につきやすい現象です。
関心のあるかたは、次の条件があてはまる日、南の地平線より少し上くらいをチェックしてみてください。

この現象がみられるための必要条件
1.日照がある晴れた日、上層に薄雲がかかるとき。
2.時刻は11-13時ごろ
3.方角は、南
4.高度は、水平線より少し上くらい
5. 時期は5~7月(太陽高度が高い季節)

私は、2004年に1回、2005年に1回見ています。
2006年と2007年は見ていません。

d0021097_2248111.jpg

↑2005年の例
d0021097_22494597.jpg

↑2004年の例
[PR]
by yt-otenki | 2007-05-22 23:59 | 大気現象

霧と霧氷

霧がかかる長木川土手のサクラの枝に霧氷(樹霜)が見られました。
これは空気中の水蒸気が昇華してできた氷の結晶です。

河川沿いは、川面から水蒸気が供給されるため、市街地に比べて、このような霧氷が発生しやすいようです。

d0021097_23154474.jpg

d0021097_2316030.jpg

d0021097_23161677.jpg

今回の霧は背が低く、地表から5~6m程度の高さのところが多かったようです。最も背の高い川面でも10~20mくらいだったでしょうか。
住宅地では1階部分が濃霧で2階から上は霧が薄く、遠くを見渡せる、そんな感じでした。


今冬は、暖かい日が多く、ダイヤモンドダストが見れるような冷え込みはまだありません。
[PR]
by yt-otenki | 2007-01-20 23:59 | 大気現象