北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

カテゴリ:生物・季節現象( 160 )

キジ 

5/9ごろから帰宅時にカエルの大合唱が聞こえるようになりました。田んぼに水が入ったんですね。
これで一気に季節が進んだ感じがします。とってもにぎやかです ♪

そして、キジがあちらこちらで鳴き叫び、私の仕事場でも駐車場などで一日に何回も遭遇するようになりました。オスとメスが対になって一緒に行動しているようです。

大館はほんとキジが多い所です。朝から晩までどこにいても鳴き声が響きわたっています。毎日何回もその姿を見かけます。 DID地区の人口密集地でも、ふつうにあちらこちらにいます。私の場合、カラスやスズメよりもキジのほうを多くみているかも。

昔よりも増えているような気がするのは私だけでしょか。
d0021097_04057.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-05-27 23:59 | 生物・季節現象

サンショウウオ 卵のうから飛び出す!

私の仕事場から徒歩1分圏内に水たまりがあって、そこに毎年サンショウウオが卵を産んでいます。
4月初めごろから時々観察に行っていましたが、先ごろ、ようやく卵のうから幼生が飛び出しているのをいくつかみつけました! (親も何匹かいましたが、捕獲して確認はしていないので種類はわかりません。)

d0021097_2345342.jpg


d0021097_23452346.jpg


d0021097_23454964.jpg


幅1m程度のちいさな水たまりですが、卵はもりもりもりっと、大量に産み付けられており、全て出てきたらものすごい数で混雑しそう・・・。 そんな心配杞憂にすぎませんが(笑)。 

びっくりしたことに、カワニナもいました。もしかしたらホタルもいるかな? 夏にも見てみます。
[PR]
by yt-otenki | 2011-05-26 23:59 | 生物・季節現象

弘前教会の桜

なかなか時間がとれず、しばらくアクセスもできずにおりました。
今季は所用が幾重にも重なり、私の桜の開花予測HPも定期更新できず、随時更新にせざるを得ない状況でした。

5/4時点での「開花予測(実況)」と「見ごろの目安カレンダー」は、私の開花予測HPへ掲載していますので、そちらのほうをご覧ください。

開花予測(開花日の実況)    
見ごろの目安カレンダー
トップページはこちら


ところで、4月30日に弘前公園に桜を見に行きました。
リーズナブルで混雑しない駐車場に一番乗りで車を入れました。(あそこは間違いなく穴場の駐車場!)

弘前公園の桜はいつも素晴らしいのですが、近くにある弘前教会の桜も見事であったので、写真に収めてきました。弘前公園は園内5部咲き、外濠7部咲きでしたが、教会の桜は既に満開でした。
大館の樹海ドームのサクラは4/30時点でまだつぼみ。毎年のことですが、弘前の市街は早いです。

d0021097_0214956.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2011-05-04 23:59 | 生物・季節現象

第6回開花予測

第6回開花予測(4/19計算)
ソメイヨシノの開花日を予測しました。

弘前市弘前公園
園内標準木(北の郭) 4/24
外濠 4/23
西濠東岸(桜のトンネル) 4/25-26

仙北市
角館檜木内川堤 4/28

大館市
地裁基準木 4/27
桂城公園園内 4/28
長木川堤防 4/29
樹海ドームパーク 5/1

詳しくは、下記を参照してください。
開花日予測表 Click !
見ごろの目安カレンダー(PDF) Click !

[PR]
by yt-otenki | 2011-04-19 23:59 | 生物・季節現象

第4回開花予測 北東北

第4回開花予測(3/21計算)
ソメイヨシノの開花日を予測しました。

弘前市弘前公園
園内標準木(北の郭) 4/22
外濠 4/21
西濠東岸(桜のトンネル) 4/23-24

五所川原市
芦野公園 4/25-26

仙北市
角館檜木内川堤 4/24

大館市
地裁基準木 4/23
桂城公園園内 4/24
長木川堤防 4/25
樹海ドームパーク 4/26-27

鹿角市
桜山公園 4/27-28

八戸市
館鼻公園 4/20

詳しくは、こちらを参照してください。 なお、見ごろ時期の予測カレンダー等はリンク先のページにて4月に入ってから公開する予定です。
http://www.ne.jp/asahi/weather/yt/sakura/sakura.htm
[PR]
by yt-otenki | 2011-03-21 21:35 | 生物・季節現象

第2回開花予測 弘前・角館・大館・八戸

第2回開花予測(3/7計算)

弘前公園園内標準木(北の郭) 4/23
仙北市角館檜木内川堤  4/25
大館市地裁基準木 4/24
八戸市館鼻公園 4/21

詳しくは、こちらを参照してください。
http://www.ne.jp/asahi/weather/yt/sakura/sakura.htm
先日、大館市郊外の観桜スポットに行ったところ、ウソによるものとみられる食害痕が多く見られました(花芽の食べかすがたくさん落ちていました)。ちょっと心配です。 
年によっては、満開になっても、つぼみの数が少なくボリュームがないことがあります。
[PR]
by yt-otenki | 2011-03-09 23:59 | 生物・季節現象

桜の開花予測

今年も桜の開花予測をはじめました。
今年の予測地点は、大館、鹿角、角館、弘前、五所川原、八戸の6市です。
3月1日の計算によれば、各地の開花日は、4月下旬の前半といったところです。
詳しくは、こちらを参照してください。
http://www.ne.jp/asahi/weather/yt/sakura/sakura.htm
[PR]
by yt-otenki | 2011-03-04 23:59 | 生物・季節現象

森吉山の樹氷 見ごろです!

大館少年自然の家主催の親子での自然観察会で森吉山の樹氷を見学してきました。
気温マイナス7.5℃。天気にも恵まれ最高の日和でした。

見事な樹氷は、ブラシのような常緑の葉を持つアオモリトドマツ(日本の固有種)の木にできます。

樹氷は、過冷却水(0度以下でも液体で凍結していない水、例えば雲粒など)の小さな水滴が地物などに衝突するときに瞬間的に凍結してできるもので、風が強い時は風上側に伸びて行きます。その形状はえびのしっぽに例えられています。(風が弱いと全体に均等につくようです。)

帰りがけ、案内人の人が、過冷却水の凍結実験をしてくれました。これは面白いですね。後で自分でも実験してみたいと思います。

d0021097_2336823.jpg
d0021097_23363565.jpg
d0021097_23365897.jpg
d0021097_2337296.jpg
d0021097_23375081.jpg
d0021097_2338876.jpg
d0021097_23383042.jpg

↑何に見えますか?
d0021097_2338478.jpg

↑ 広葉樹はご覧のとおりアイスモンスターにはなれないようです。
[PR]
by yt-otenki | 2011-02-19 23:59 | 生物・季節現象

大館で初雪

2010年10月26日、大館で初雪が降りました。 
仕事からの帰宅途中、19時半過ぎ、みぞれが降っていました。
また、身内情報によると、27日1時過ぎには、雪が舞っていたそうです。
今年は早いですね!

↓27日、近隣の低い山々が雪化粧。
d0021097_23525388.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2010-10-27 23:59 | 生物・季節現象

夏といえば、クワガタとカブトムシ

7月下旬、コナラの木で、カブトムシ(クロ)とコクワガタをそれぞれ1匹捕まえました。
昨秋はミズナラの木でミヤマクワガタ(♂)を捕まえましたが、今回は、住宅地のコナラの木での捕獲です。

通勤途中の場所なので、別の日、立ち寄ってみたら、またカブト(アカ)がついてました。
結構身近なところにいるもんです。 情けないことに息子(幼児)はビビってまだつかめません。

近くのホームセンターでは、輸入ものの外国産カブトムシが低価格で売られていますが、国産はありませんでした。あのキラキラ光るのは、「カブトムシ」ではない!と、言いたいですね。日本のカブトにあるような風格は感じられません。というか、1999年にカブトムシやクワガタの輸入が初めて解禁されて以降、なし崩し的に規制緩和が進み、鉄砲水のように外国産甲虫が日本に押し寄せているのが現状です。解禁後数年で400種類以上の輸入が許可されているとのこと。
当然、自然に放す人もいるわけで、生態系への影響が心配されるところです。移入昆虫は、1)近似種に寄生虫や病疫を伝播する。 2)在来の近縁な個体群と交雑し、遺伝子汚染を引き起こす。などの問題があるようです。


d0021097_1735354.jpg

↑ コナラの木についていたカブト

d0021097_17194569.jpg

↑ コナラの木についていたコクワ

d0021097_17204641.jpg

↑応急的に、木の葉をしいて、スイカをやる。カブトのクロとアカ

d0021097_17202415.jpg


8月に入って、大きめのケースや、飼育マットを買ってきました。
彼らは、スイカやメロンも、好んでよく吸いますが、ケース内の腐敗が心配なので、ゼリーも買ってきました。

さて、今日は定休日なので、夜に家族で一緒に探しに行くか・・・。
[PR]
by yt-otenki | 2010-08-03 23:59 | 生物・季節現象