北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

なんだか蒸し暑いと思ったら・・・

最近、午後になるとお決まりのように、どこかかしらで警報級の夕立が降っているようです。それもそのはず。下層大気が湿っているので大気が対流不安定で、雲が発達しやすいのです。下層(上空1500m付近)の相当温位(Equivalent Potential Temperature)は340K以上となっています。

秋田上空の高層観測のデータをワイオミング大学HPで入手してみると、ここ数日は、大気が水蒸気をたっぷりと含んでいることがわかります。

可降水量(Precipitable water)
という指標で見てみましょう。
これは、地表から大気の上端までの単位気柱に含まれている水蒸気をすべて凝結させて雨として落下させたと仮定した時の降水量です。実際は、周囲から水蒸気が集まってくるような時はこれを上回る降水量になることもあります。

これによると、8/5-8/9までは30mm台だったものが、8/17~8/21は60mm前後で推移しています。ここ数日は、とても大気が湿っていることがわかります。SSIは連日マイナスになっています。

大陸ではN40度付近までジェット気流が南下(出現)してきているようです。上空のトラフも北日本にさしかかるようですので、日本海北部にある台風くずれの熱帯低気圧や周囲の暖かい空気を日本の東へもっていって(または和らげて)くれると、北日本では週末くらいには、猛暑も一段落しないかな?だめかな?少なくとも、朝の寝苦しさは少しは解消してくる(北東北内陸で最低気温20度以下)のではと期待したいところです。

日中の気温は30℃前後でもいいので、水蒸気量が少なくなって(湿度が下がって)、そして夜間、気温が下がってくれると、だいぶ楽になるんですがね~

d0021097_23563721.jpg

図 上空1500m付近の気温分布 (韓国気象局HPより)
北東北には20℃の暖域があります。暑い!これは日本の南海上やルソン島北部よりも高いです。ところで、バイカル湖以北では1500m上空で0℃前後、地上でも5℃以下となっているところもあり秋の訪れを感じさせてくれます。
[PR]
by yt-otenki | 2006-08-21 23:59 | お天気