北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

最新のコメント

> ナルミンさん。 お..
by yt-otenki at 21:37
こんばんわ。久しぶりです..
by ナルミン at 19:55

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

気象庁の緊急地震速報 

「10秒後に、震度5強程度の揺れが来ます!」

これが、気象庁が試験提供している「緊急地震速報」のイメージです。

一般家庭へ実用化されれば、大きな揺れが到達する前に、火を消したり、机の下に隠れたり、心の準備をすることが可能になります。

また、満員電車においても、地震速報を受けて、乗客が意識的につり革にしっかりとつかまれば、乗客が一定の側へ流されたり飛ばされたりする割合を減らすことができ、負傷者を減らせるであろうとする先生もおられます。
 
気象庁は、2004年2月から「緊急地震速報の試験提供」を行ってきました(2006/5現在290機関が対象)が、今年の8月からは、「緊急地震速報の先行的な提供」を開始する予定です。

鉄道、エレベーターの制御、工事現場の訓練された作業員の安全確保など、現時点で混乱なく活用される分野に対して、希望者に提供するとのことです。

これにより、「試験提供」ではなく、「先行的な提供」として、将来の不特定多数への一般提供へ向けて、一歩前進することになります。

参考までに下記をご覧ください。
緊急地震速報とは?(気象庁)

この先行的な提供期間においては、不特定多数の方への情報提供はを行わないとしていますので、8月以降もまだしばらくは、テレビやラジオなどで、「10秒後に、震度5強程度の揺れが来ます!注意してください!」 などの情報をお目にすることはないでしょう。

速報の精度が保証され社会の受け入れ態勢が整えば、将来は、テレビ、ラジオはもちろんのこと、人の集まる所、各事業所、駅、学校、グランド、公園、商店街、海岸などにおいても、このような情報が流れるようになることと思います。何年後になるかは分かりませんが。

また、さらに進化して洗練されてくれば、個人の腕時計、壁掛時計、家庭の電話機、携帯電話、家庭の煙探知機などに、気象庁の地震速報を受信する機能を付加し、音声で知らせることも可能になるのでははないかと思います。防災立国としては、なるべき姿ではないかと思います。今後10~20年で、ここまで行けるかな?
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-22 23:59 | 防災