北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

東北地方内陸部で夕立発生!

東北地方日本海側内陸部に積乱雲発達、一部地域で大雨!

d0021097_2323054.jpg

↑ 2006/6/6 16:00 レーダーアメダス解析雨量図    気象庁HPより


今日は下の3条件が揃っていたようで、大気の状態が不安定となり、内陸の山沿いでは14時ごろから積乱雲が発達して、夕方には、一部地域で強い雨が降りました。

①下層が湿っている 
②よく晴れて日射がある
③上空に寒気が入っている

夏の夕立の発生場所はだいたい決まっています。
海上ではなく、内陸の山沿いが多いです。 はじめは綿雲のような小さな雲ですが、上へ上へと、雲がもくもく発達していきます。そしてある程度まで発達すると雨、風、雷、雹などをもたらします。 次に問題となるのはその雨雲の進路です。 これはおおよそ上空の風に流されていきます。上空500hPa(上空5500m付近)の天気図などで中層風の風の流れを掴んでおけば、おおよそ推測できます。 

例えば○×山系で積乱雲などの雨雲が発生したとすれば、上空の風が西よりであれば、○×山系の東側へ降雨域が移動し、北よりの風であれば○×山系の南側へ降雨域が移動することになります。 
[PR]
by yt-otenki | 2006-06-06 23:58 | お天気