北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

記録的な大雪 雪害に要警戒!

12月2日から続く記録的な大雪。大館市内ではあちらこちらで雪害が発生してきているようです。
屋根からの落雪、落雪による窓の破損、庇の破損などに、十分お気を付けください!

1月12日に自宅の無落雪型水平屋根の雪下ろし(庇周辺のみ)を実施しました。
その時、屋根上の積雪深や積雪密度を観測し屋根上の積雪重量を算出したので、参考までに記載しておきます。

観測の結果、現在大館に積もっている雪の重さは1平方メートル当たり250kgあることがわかりました!
物置やカーポート、軒が長い庇部分などでは、既に強度に危険信号が灯っているところもあるでしょう。十分ご注意ください! 雪は傾斜があるほどどんどん動いていきます。たまるところには集中してたまって、局所的にとんでもない荷重で構造物を押していることがあります。

積雪重量のピークは例年、2月後半から3月前半にかけてです。これから、どんどん重みを増していきますので、カーポートなどの弱い構造物の雪は今のうちに落としたほうがよいでしょう。

新潟県の豪雪地帯から見ると、この程度の雪はまだ大したことないように見えると思いますが、大館としてはこの10年で最も大変な状況です。今後の降り方によっては気を緩められません。

観測結果
観測日:2015.1.12
場所:大館盆地の低地
屋根上の積雪深(5か所平均):100㎝ ※最大は屋根中央部の110cm
地上の積雪深(作業前):110㎝  ※作業終了時は増えて116cm
積雪密度(全層平均):0.256g/m3
各層の積雪密度
 屋根上10㎝地点:0.35g/cm3
 屋根上30㎝地点:0.35g/cm3
 屋根上50㎝地点:0.27g/cm3
 屋根上70㎝地点:0.17g/cm3
 屋根上90㎝地点:0.12g/cm3
積雪重量:248.4kg/m2
d0021097_22543832.jpg



















↑大館の1月12日の積雪密度


d0021097_22542762.jpg

























↑屋根上の積雪断面


d0021097_22524321.jpg














↑市内の雪の状況




d0021097_22530682.jpg







 





d0021097_22533058.jpg









[PR]
by yt-otenki | 2015-01-14 23:48 |