北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

冬の足音が聞こえてきました

10月28日は西高東低の気圧配置で寒気が南下するため、時雨模様となり北東北の山や峠では雪のところがありそうです。北東北の各地方気象台は24日に雪情報を発表しています。

気象庁の数値予測モデルGSMやMSM(初期値26日)によれば、28日朝から29日未明にかけて両モデルとも850hPa面の気温は、北緯40度以北で-5℃以下になる見込み。
(参考までに、地上で雪が降る目安は、一般的に850hPaの気温がマイナス6℃以下)

上記モデルによれば、925hPa(750m~800m)の高さで0℃前後の予想になっているので、この高度より上の降水粒子は固体(雪やあられ)です。地上で雨になるか雪になるかは、その後、その雪片が地上に落下する間に解けきるかどうかで決まります。

さあ、28日は地上に達するまでの間に解けてしまうでしょうか、どうでしょうか。

ところで、標高の高い山道や峠道を通る予定の人は、冬タイヤを装着したほうがいいと思います。標高の高いところでは路面が積雪状態になる可能性があります。

※これはあくまでも気象庁の数値予測モデルの計算結果であり、上記予想より寒気が強くなる可能性もあるし、弱くなる可能性もあります。寒気の入りが予想より強くなった場合は平地でも雪になる可能性あり。

d0021097_084647.jpg

d0021097_09227.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2014-10-27 00:09 | お天気