北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

2013.8.9豪雨の爪痕

秋田県から岩手県にかけて発生した2013年の8.9豪雨は、気象庁が「経験のない大雨」と表現するほどの豪雨でした。秋田県北部の藤里町~大館市~鹿角市でも、積乱雲がその風上側に次々と発生するバックビルディングを形成し、3~4時間にわたって猛烈な雨となりました。 

各地の3時間雨量
太良(藤里町)270mm、大野(大館市)257mm、大渕岱(大館市)259mm、山瀬ダム(大館市)246mm

大館アメダスの8月の月降水量の平年値は194mmなので、上記の地点では3時間で大館アメダスの1カ月分以上の豪雨となっていることがわかります。

参考までに当日の日降水量の分布図を作成してみました。
d0021097_044652.jpg


このため、藤里町北部から大館市北西部(旧田代町区域)にかけては土砂災害が相次ぎ、道路が寸断されたり、農地が壊滅状態になるところが多くありました。

懸命の復旧作業が続いていますが、被害の規模があまりにも大きいため、復旧にはかなりの年月がかかりそうです。

この豪雨により、河川の様子が大きく変わったため、野鳥や魚類など野生生物の分布にも大きな影響があったと思われます。実際、関係者からそのような話がよく聞こえてきます。

以下の写真は今年のGWの大館市内の写真です。
河川の増水で流されてきた物置小屋を移動する作業の現場にも出くわしました。

d0021097_23524926.jpg

d0021097_23532937.jpg

d0021097_0231214.jpg

d0021097_0235021.jpg

d0021097_0241657.jpg

d0021097_0245268.jpg

d0021097_0263870.jpg

d0021097_027886.jpg

[PR]
by yt-otenki | 2014-05-12 23:59 | 防災