北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(40)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

風穴の情報を探しています

大館市内の4風穴の調査をしたいと考えています。
①国見山(長走)、②二ッ山(片山)、③岩神山、④象ヶ倉山(新沢)の風穴について何か情報をお持ちのかたがいらっしゃれば教えてください。

風穴現象(東北地方によくあるタイプの場合) : 岩屑が堆積している斜面の下方で、真夏でも0℃~5度の冷気を吹き出し、斜面の上方では真冬でも雪を溶かすほどの暖気を吹き出す現象。


過去の文献に記載のあるのは①と②で、③と④は文献にありません。③④は現在では知っている人がほとんどいなく、正確な位置が不明瞭です。

来年は、この位置を明らかにし、冷気と暖気の吹き出し状況を確認するため温度計データロガーを設置して(①と②については)90年ぶりに通年の観測を行いたいと考えています。③と④については文献がないため、初めての観測になると思われます。 

ただしハードルは高いです。なにせ、正確な場所をまだ把握していないからです。だいたいこの辺というのは分かっていますが、藪化してアクセス困難な所が多いのです。来年は聞き取り調査もしていきたいと思っていますので、風穴のある地元のかたがたにはご協力をお願いいたしたいと思っています。

※①と②は地元の荒谷武三郎氏が1920年代(大正時代)に精力的に調査をし温度の観測も行っています。荒谷氏は日本の風穴研究界においては誰もが知っている第一人者で、当時としては先駆的な「対流説」を唱えました。

風穴は地域の天然記念物、そして地域資源として、使いようによってはジオツアーなどに有効活用できるかもしれません。
[PR]
by yt-otenki | 2011-11-30 23:29 | 風穴