北東北発 気象予報士&防災士によるブログ。忘れたころに、たま~に更新してます


by yt-otenki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お天気
大気光象
生物・季節現象
シビアな現象
大気現象
自然
防災
高温・低温

世界の天気
地元ネタ
トンボ
misc
家庭菜園
今日のソフトクリーム
雑感
風穴


今日のアップルパイ
お天気教室
天文
生物

タグ

(104)
(69)
(39)
(38)
(35)
(26)
(21)
(20)
(18)
(16)

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
more...

記事ランキング

外部リンク

ミックスチャットはコチラ

ブログジャンル

科学
東北

画像一覧

その他のジャンル

夏の風物詩 ホタル

夏の風物詩といえば、ホタル。

家族で、今年はホタルを見に行こうと前々から話をしていました。

身近な人に、ホタルを見れる場所はないか聞いてまわっていましたが、知っている人は少なく、関心がない人が多いようでした。 数少ない情報を基に、家族総出で車で見て回りましたが、いなかったり、いたとしても、ちらほらで、かつ交通量が激しくて危ない場所だったりで、観察に好条件の場所はありませんでした。

帰り道、あきらめムードであるところによったら、なんと結構な数飛んでいるではありませんか。自宅の近くです。車通りも少ないし、ここなら子供でも安全に観察できます。やった!灯台元暗しです。

別の日、ホタル狩り帰りの近所の人と会ったら、徒歩すぐのもっと近いところにも、ホタルがいっぱい飛んでると、興奮して教えてくれました。行ってみるとなんと住宅地の中の水田にもいるではありませんか。

いろいろと回ってみてわかったことは、郊外の水田よりも、実は住宅地周辺の水田のほうがホタルがたくさんいたということです。

なぜ?

仮説1 住宅地周辺では農薬の使用を抑えている。郊外では農薬をガンガン使っている。
仮説2 比較的新しい市街地や新興住宅地では、下水道普及率や浄化槽設置率が高く、用水路が汚濁されない。郊外はその逆。

まあ、いろいろな要因があるでしょうが、この仮説はいかに?!

注)ここでいう郊外とは、山間部のことではありません。ある程度市街地や住宅地から離れた平野のことです。

d0021097_23451485.jpg

↑ 飛び交うホタル

d0021097_0113739.jpg

↑ 羽ばたきながら光る蛍

d0021097_011213.jpg

↑ 体長7.5mm。 大きさと模様から、ヘイケボタルと思われます。


※このホタルは、うちに1泊してから元の場所に帰っていきました。
[PR]
by yt-otenki | 2010-07-25 23:59 | 生物・季節現象